ONEPIECEのロックスは国や思想という説についての考察|海賊団ではなかった場合の視点で見てみました


ONEPIECEのロックスは国や思想という説についての考察|40年前最強だった理由は?

ONEPIECEロックス国思想説考察

ONEPIECEのロックスは国や思想という説についての考察についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、ワンピースの今、読者の方々が1番興味のあるワードの1つではないのかな?とも思うロックスと言うワードについてを

  • ONEPIECEのロックスは国や思想という説についての考察|明らかになっている事のまとめ
  • ONEPIECEのロックスは国や思想という説についての考察|国か思想
  • ONEPIECEのロックスは国や思想という説についての考察|最後に

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

この記事は動画でのご視聴も可能です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ONEPIECEのロックスは国や思想という説についての考察|明らかになっている事のまとめ

ONEPIECEロックス国思想説考察

ONE PIECE、ロックスについての考察~ロックスとは国、思想なのでは?~

ONE PIECEの謎で、今注目されているのが、40年前には最強だったという『ロックス』という存在。

甲塚も『ロックス』については数記事書いていますが、今回はまた別の視点で考察してみたいと思います。

『ロックス』について明らかになっている点

まず、『ロックス』という存在について明らかになっている事柄をまとめてみます。

①カイドウとビッグマムに関係がある

②ガープが海軍の英雄と呼ばれる原因となった

③40年前には最強だった

④船長を失った

⑤船長不在でも力は増している

どう考えても超が何個つくかわからないくらいの強大な存在だったと思われますな。

しかし、どうにも気になるのが④と⑤。

船長を失って尚、力を増しているという事と、海軍がその事実を掴んでいるだろうという点です。

別記事では妄想を膨らませ、ロックスとは宇宙海賊ではないのか?とも書きましたが、今回は違いますよ(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする