ONEPIECEワノ国の惨状と海軍について|世界政府非加盟国には介入できないのか?


ONEPIECEワノ国の惨状と海軍について|CPは潜伏している?


ONEPIECEワノ国海軍

ONEPIECEワノ国の惨状と海軍についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事ではワンピースワノ国編が始まりましたが、果たして海軍は世界政府非加盟国のワノ国へ介入をしてくるのかどうかという事についての考察を

  • ONEPIECEワノ国の惨状と海軍について|世界政府
  • ONEPIECEワノ国の惨状と海軍について|CPが潜伏している?
  • ONEPIECEワノ国の惨状と海軍について|革命軍も潜入?

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ONEPIECEワノ国の惨状と海軍について|世界政府


ONEPIECEワノ国海軍

ONE PIECE、ワノ国の惨状と海軍の動きについての考察~ワノ国編に海軍は介入できないのか?~

ONE PIECEワノ国編…

ワノ国編がスタートし、ワノ国がカイドウの支配により悲惨な現状にある事が徐々に明らかになっています…

しかし、ワノ国の惨状は少なくとも数年前から始まり、現在も悪化の一途を辿っているように見える中、今のところ、世界政府や海軍がなんらかの動きを見せる気配はありません。

今回はその理由の考察と、これからの海軍の動きを予想してみたいと思います。

世界政府とワノ国

ワノ国は周知の通り、世界政府非加盟国です。

世界政府は現在あるほとんどの国々が加盟している巨大組織であり、世界政府加盟国からすれば、世界政府こそが『世界』であり、非加盟国は『世界の外』という認識なのかも知れません。

おそらくは世界政府内での国際法のようなものが存在し、加盟国は世界政府の庇護下となり、その恩恵を受けられるが、非加盟国についてはそこで何が行われていようとも介入できないのでしょう…いや、介入できないというより、

『知った事ではない』

という方が正しいでしょうね。

故に、もし非加盟国が『世界』に対し、非常に不利益な行いをしているとか、積極的に『世界の敵』となるような行動に出ない限り海軍が投入されるような事にはならないでしょう。

しかし、ワノ国にはポーネグリフを作り、古代文字の読み書きを伝承してきた光月家の存在があり、空白の100年の真相をひた隠しにしている世界政府にとっては目が離せない国であるはず…

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする