【ネット小説】ゾンビの王に俺はなる!|第2話『悪夢は続くよどこまでも』

Pocket

【ネット小説】ゾンビの王に俺はなる!|序章【ゾンビ思う故にゾンビあり】第2話 変質者ではオレはない!!

悪夢

『夢』…

この世界において、それを掴める者はごく一握りであるのかも知れない…

追いかけても追いかけも掴めぬ逃げ水のごとき幻…

今、キミタカにとってのそれは

『カレー』

であった…

キミタカはもう何年も何年も、

『野菜をトッピングしたフィッシュフライカレー300g2辛』

を追いかけ続けている…

何度かその手に掴んだ事はある…

しかし、そのたびに幻のごとく消え去り、キミタカを嘲笑うように目の前に浮かび、永遠に終わらぬ旅へとキミタカを誘うのである…

何故、追いかけるのかと問われれば、純粋にそれを食べたいからである。

また、注文の主であると言う責任感からでもある。

自分が諦めたら、せっかく作ってくれたポコ壱番屋泉佐川店さんに悪いではないか…

キミタカはその思いを両の足に込め、行先に浮かぶカレーを求めてひたすらに歩みを進める…

また何年か経ったある日…

キミタカの前に奇跡が起こった…

灼熱の砂漠のど真ん中にポコ壱番屋のBOX席が存在し、キミタカの求めしあのカレーが、まるで今までの苦難の道程を労うかのようにテーブルに鎮座しているのである。

おそらくキミタカはカレーに認められたのだろう

『我、食す資格あり』と…

キミタカは全てを理解した。

今日まで、キミタカにはカレーを食べる資格を得るに、何かが足りなかったのだ。

この苦難の道程は、その足りないものを満たす為にカレーから課された修行であったのだ!

キミタカはカレーに向けて深く一礼すると、BOX席に座り、用意されていたスプーンを握りカレーに向き合う…

しかし次の瞬間、キミタカは愕然とした…

いや、そうではない、驚きはなかった。

ただそれを、認めたくなかっただけだ…

キミタカが追い続けてきたカレーは…

腐っていた…

スポンサーリンク