キングダム48巻感想【ネタバレ】|蒙恬の才能が発揮された回でしたね


キングダム48巻感想【ネタバレ】|王翦の策がハマり逆に兵糧攻めに!

ネタバレキングダム48巻感想キングダム48巻感想【ネタバレ】についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では漢の中の漢のマンガキングダムの48巻が発売され読んでみたのでその内容と感想から

  • キングダム48巻感想【ネタバレ】|ポンコツ王趙王に手をやく李牧が可愛そう
  • キングダム48巻感想【ネタバレ】|楊端和の力はやはりスゴイ!
  • キングダム48巻感想【ネタバレ】|蒙恬の戦術眼

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

キングダム48巻感想【ネタバレ】|ポンコツ王趙王に手をやく李牧が可愛そう

ネタバレキングダム48巻感想

秦と趙の戦いは王翦を総大将に桓騎に楊端和、それに飛信隊に楽華、玉鳳など強者ぞろいではありますが趙軍は兵力でこれを勝っていて守りの戦であるので優位。

しかし趙の要となる都市、鄴を堕とすべく王翦が取った策は兵糧攻めを受けていたのにもかかわらず、これを逆手に取り逆に鄴に兵糧攻めを仕掛けると言う趙国の天才宰相李牧ですら予想できなかった策。

内容は鄴周囲の小城をいくつも落としていき、占領するわけでも蹂躙するわけでもなく、ただただ民を開放し城から出させただけ・・・。

民は皆、難民となり鄴を目指し鄴は難民を受け入れ過ぎて民で溢れ食糧難になるのでした。

李牧は危険を察知し、すぐさま周囲を取り囲まれた鄴を開放すべく動こうとしますが、現在の趙王は稀に見るボンクラのポンコツ王です。

これには手をやく李牧。

自分の国を守って貰っている最も頼りにある相手に協力をしようとは全くしない始末。

バカ過ぎて李牧が可愛そうに思えてくるほどです。

しかしそれでも何とか手を打とうとする李牧は要所要所に兵を出し、鄴を取り囲む秦軍と鄴を開放すべく駆け付けた李牧率いる趙軍が相対するのでした。

キングダム48巻感想【ネタバレ】|楊端和の力はやはりスゴイ!

ネタバレキングダム48巻感想

超の名将公孫龍に変え李牧が絶対の信頼を置く、舜水樹という無名の将を大将に据えて公孫龍を副将に層が厚くなった1軍が山の民を率いる楊端和の相手です。

兵力は倍ほど趙軍が上回りますが山の民の1人1人の強さ。

そして山の民の戦う理由。

山の民は力づくではモノに出来ない美しすぎる楊端和に自分の力を見せつけ振り向いてもらいたいと言う男なら誰しも持っているであろう欲望がその力の源。

元々バジオウなどの豪傑ぞろいの山の民ですが、その楊端和自身が、強者ぞろいの山の民の誰もが力づくでも返り討ちに合いものにできないというのであるから相当の強さを持っていると思われます。

現にここまで数回の小競り合いで兵力を消耗しているのは趙国のみで、山の民の強さが際立っていますが、あの李牧が大将に据えた舜水樹という白髪の若者の才能がどれほどのものかが気になる所ですね。

キングダム48巻感想【ネタバレ】|蒙恬の戦術眼

ネタバレキングダム48巻感想

左翼の戦いは、秦国最強の漢蒙武将軍を父に持つ蒙恬率いる楽華隊5千。

しかし相手は紀彗率いる3万。

蒙恬はしかし臆することなく、持ち前の戦術眼で序盤からこれを翻弄します。

総大将王翦の真の目的は蒙恬に陽動でかき回させて側面から王翦の片腕、麻鉱将軍に紀彗軍を突く事だったのです。

作戦は蒙恬の活躍で見事上手くいき、このままでは麻鉱将軍がもたつくようなら蒙恬が手柄を全て奪い取るほどの勢いも見せています。

そして反対側の右翼ですが、総大将王翦の息子、玉鳳隊王王賁と王翦の片腕亜光将軍が率いますが、父への確執がぬぐい切れない王賁は自分が安全な位置に配備された事を父が自分を認めていないからと思い亜光将軍に噛みつきます。

そしてその上、命令違反で勝手に動きますが、これはこれで戦術的に間違いでは無いと言う、王翦が王賁の為につけている歴戦の強者の関常。

さてこの先この戦いの行方はどうなるのでしょうか?

48巻では中央の王翦軍のさらに背後に配置された飛信隊には出番はありませんでしたが、あの王翦将軍が無意味にこんなところへ飛信隊を配置するわけもなく何か大事な役割があると思いますので是非49巻を楽しみに待ちましょう。

この記事でのご紹介は以上になります。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする