キングダム626話ネタバレ!李朴が龐煖(ほうけん)を武神で無いと言及!|その理由は?

Pocket

キングダム626話ネタバレ!李朴が龐煖(ほうけん)を武神で無いと言及!|武の極みされど武神で無い

キングダム626話ネタバレ!李朴が龐煖(ほうけん)を武神で無いと言及!についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、ヤングジャンプ最新3号に掲載されていたキングダム626話の内容に感想をネタバレも含みますが、

  • キングダム626話ネタバレ!李朴が龐煖(ほうけん)を武神で無いと言及!|重くない刃
  • キングダム626話ネタバレ!李朴が龐煖(ほうけん)を武神で無いと言及!|李朴が否定
  • キングダム626話ネタバレ!李朴が龐煖(ほうけん)を武神で無いと言及!|王騎や麃公(ひょうこう)の越えれなかった壁

以上の項目に沿ってご紹介させて頂いております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

キングダム626話ネタバレ!李朴が龐煖(ほうけん)を武神で無いと言及!|重くない刃

キングダム626話は、自らを武神と宣う龐煖(ほうけん)が信の一撃に膝をつかされたシーンから始まりました。

そしてすでに龐煖(ほうけん)と戦う前から限界スレスレの信は、ここまでともに歩んできた、亡き漂に語り掛けながら自分に言い聞かせるようにまだやれると何度もつぶやきます。

そして師である王騎や麃公(ひょうこう)や尾倒など飛信隊の戦死した面々にも語り掛けながら、人の思いを紡がず1人で戦っている龐煖(ほうけん)にはそれがないから刃が重くないと、痛いだけで重くはないのだと言うのでした。

信は本来なら胴が真っ二つに両断されていてもおかしくないほどの一撃を何度も受けていますが、信の言う通り刃が軽いのか信は瀕死でありながらもまだ耐えていられます。

そして倒れない信に矛盾を感じ、またヒステリーを起こしだす龐煖(ほうけん)。

ここまでくると最早哀れにしか見えませんが、人との繋がりがいまだ誤りだと言い続ける龐煖(ほうけん)。

しかしここで李朴すらそれを否定するかのように違うと言い始めるのでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする