スポンサーリンク

【キングダム626話考察】龐煖(ほうけん)の刃の重さ廉頗(れんぱ)との違い|武力だけでは極めれない武

キングダム
Pocket

【キングダム626話考察】龐煖(ほうけん)の刃の重さ廉頗(れんぱ)との違い|瀕死でも死なない信

【キングダム626話考察】龐煖(ほうけん)の刃の重さ廉頗(れんぱ)との違いについてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、キングダム626話にて、圧倒的な武力を誇る龐煖(ほうけん)に膝はつかせたもの最早瀕死の信から、龐煖(ほうけん)の刃には重みが足りないというような発言があった意味についての考察を、

  • 【キングダム626話考察】龐煖(ほうけん)の刃の重さ廉頗(れんぱ)との違い|膝をつく武神に放った言葉
  • 【キングダム626話考察】龐煖(ほうけん)の刃の重さ廉頗(れんぱ)との違い|王騎や廉頗との重みの違い
  • 【キングダム626話考察】龐煖(ほうけん)の刃の重さ廉頗(れんぱ)との違い|武力MAX100と100以上の差なのか?

以上の項目に沿ってご紹介させて頂いております。

スポンサーリンク

【キングダム626話考察】龐煖(ほうけん)の刃の重さ廉頗(れんぱ)との違い|膝をつく武神に放った言葉

キングダム626話では、625話の最後で龐煖(ほうけん)に膝をつかせた信が明言を吐きました。

龐煖(ほうけん)の攻撃は痛みこそあれ、重さは無い!

攻撃の重みとは、まさに純粋な何㎏とか何トンとかで測れる重みではないことは、この言葉で理解できます。

信の言っていることは、龐煖(ほうけん)の攻撃は痛いには痛いがただそれだけの事。

戦う相手の心をへし折るような攻撃では無く、もし負けたとしても相手を強いと凄いと認めないまま俺は死んでいくよと言うような意味まで籠っているような内容のセリフでしたね。