【キングダム648話考察】呂不韋の末路|嬴政との面談にて

Pocket

【キングダム648話考察】呂不韋の末路|最後は蜀に流刑か?

【キングダム648話考察】呂不韋の末路についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事ではキングダム647話のラストのシーンで久々に登場した呂不韋が嬴政の訪問を受けるであろう648話の考察として、

  • 【キングダム648話考察】呂不韋の末路|再び集まりだした食客
  • 【キングダム648話考察】呂不韋の末路|刑を追加される?
  • 【キングダム648話考察】呂不韋の末路|劉邦の妻呂雉や三国時代呂凱の先祖の可能性もある

以上の項目に沿ってご紹介しております。

スポンサーリンク

【キングダム648話考察】呂不韋の末路|再び集まりだした食客

キングダム648話ではおそらく河南で隠遁生活をしつつも再び集まりだした食客たちに囲まれ名声や権威を取り戻しつつあり、本人にその気があれば再び表舞台に出てくれるくらいの力をつけてきている事を示すようなシーンから描かれるのではないでしょうか?

そこに嬴政が訪れ2人で何らかの会話がなされる事かと思いますが、嬴政も本来は呂不韋を殺すまではしたくない。
だからこそ肆氏の呂不韋の命を奪うと言う意見に対して否定も肯定もせずに自ら会うという選択でいったん保留にしたのだと思います。

しかしながら実際にこうして見てみると、本人にその意思が無くとも見た目だけはいつ反乱を起こしてもおかしくないくらい力をつけてきてる。

これを呂不韋に良くない感情を持つ者が見れば反乱の意志ありや、反乱の準備中などと勘繰られても仕方のない事。

嬴政も呂不韋と話してみて呂不韋の腹の底をさぐり本人に反乱の意志はないと判断はするとは思うのですが…。