君の名は地上波初放送の感想|そりゃヒットしますよ!この映画!


君の名は地上波初放送の感想|新海監督スゴイです!

君の名は地上波初放送感想

君の名は地上波初放送の感想についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では1月3日に放送された君の名は地上波放送の感想についてを

  • 君の名は地上波初放送の感想|興味はあったが劇場へは行けず
  • 君の名は地上波初放送の感想|そりゃヒットするわ!
  • 君の名は地上波初放送の感想|この監督、スゲェな!

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

君の名は地上波初放送の感想|興味はあったが劇場へは行けず

君の名は地上波初放送感想

『『君の名は』、地上波初放送を見ての感想』

一昨年、世界的ヒットとなったアニメ映画『君の名は』が、本日地上波で初放送されました。

私、正直、これが初見(笑)

興味はあったんですが、これはゆっくり集中してみたいと、その機会を待ってたんですが、なかなかその機会を作れず、正月休みの今日、ゆっくりと見る事ができました!

今回はその感想を書かせて頂きます。

君の名は地上波初放送の感想|そりゃヒットするわ!

君の名は地上波初放送感想

そりゃヒットするわ!(笑)

最後まで見た結果、

『そりゃヒットするわ!ヒットして当然だわ!』

というのが、本当に素直な感想です(笑)

美しい映像、リアルな生活感、温かく切ない人間の感情、それらが見事に融合して、日本人のみならず、海外でも大ヒットしたわけが、見てわかりました。

日本人の美しさ、優しさ、価値観がたっぷりと込められているように感じますね。

タキくん役の神木隆之介さん、ミツハ役の上白石萌音さんの芝居には、アラフォーゴリラであるオッさんでさえキュンキュンさせられてしまいました。

ゴリラの目にも涙を浮かべさせる名作ですわ、これは!

君の名は地上波初放送の感想|この監督、スゲェな!

君の名は地上波初放送感想

この監督、スゲェな!(笑)

新海監督の作品はCMのようなショート作品でも、何かを心に残してくれます。

正直、私のようなオッさんは、スマホを使いこなす若者文化にはついていけてるのかどうかわかりませんが、新海監督は文化は変われど人間の他者に対する思いは変わらないというという考えを持っておられるんじゃないかな?と感じました。

演出も神がかっていましたね。

私はタキ君とミツハが初めて対面できた瞬間が一番好きなシーンでしたね。

しかし、このストーリーも凄い!

途中からかなりシリアスになりますが、それまでの楽しい非日常があって初めてその後のタキ君の必死な行動が際立ち、さらに終盤まで視聴者を引きつけ続け、ラストはそれまでに視聴者が望み続けた展開へ結びつける手腕は素晴らしいと思います!

まとめ

今日の放送を見逃した未見の方々には絶対に見て頂きたい作品ですね。

『この手の作品は自分好みじゃない』

とか、

『アニメは見ない』

という方にこそ見て頂きたい!

最近、『八年越しの花嫁』を見て一回で四回泣いたゴリラが、それと同レベル以上の感動を頂きました。

いやあ、今日は本当にいいものを見させて頂きました!

この記事でのご紹介は以上になります。

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする