鬼滅の刃177話ネタバレ!上弦の壱黒死牟を生んだのは弟への嫉妬|怪物が生まれた訳

Pocket

鬼滅の刃177話ネタバレ!上弦の壱黒死牟を生んだのは弟への嫉妬|天才を弟に持つ気持ち

鬼滅の刃177話ネタバレ!上弦の壱黒死牟を生んだのは弟への嫉妬についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、ジャンプ最新45号に掲載されていた鬼滅の刃177話の内容に感想をネタバレも含みますが、

  • 鬼滅の刃177話ネタバレ!上弦の壱黒死牟を生んだのは弟への嫉妬|黒死牟と縁壱の生い立ち
  • 鬼滅の刃177話ネタバレ!上弦の壱黒死牟を生んだのは弟への嫉妬|縁壱の才能
  • 鬼滅の刃177話ネタバレ!上弦の壱黒死牟を生んだのは弟への嫉妬|嫉妬

以上の項目に沿ってご紹介させて頂いております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

鬼滅の刃177話ネタバレ!上弦の壱黒死牟を生んだのは弟への嫉妬|黒死牟と縁壱の生い立ち

鬼滅の刃177話は、黒死牟と縁壱の双子の生い立ちの話から始まりました。

どうやら縁壱には生まれながらに痣があり、当初は双子は跡目争いで不吉とされ、縁壱は殺されるところであったようですが、母が烈火のごとく怒りこれを守ってきたそうです。

幼いころは縁壱は、母の左わきにぴったりとくっつき常に母から離れられないような子であったようです。

そして縁壱は、七つになるまで喋らずに、元々侍ではなく出家させられ僧になる予定だったので剣の練習もしていなかったようです。

それゆえ、普段から母離れできない縁壱を、黒死牟は侍になどなれるはずがないと思っていましたが、縁壱は黒死牟の周りをウロチョロするようになり、剣を教えて欲しいと言い出すようになりました。

そして、

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする