鬼滅の刃170話ネタバレ!痣発現者は25歳で死ぬ!実弥復活で柱の共闘!|風柱と岩柱の連携!

Pocket

鬼滅の刃170話ネタバレ!痣発現者は25歳で死ぬ!実弥復活で柱の共闘!|上弦の壱をも倒せるか!?

鬼滅の刃170話ネタバレ痣25歳実弥

鬼滅の刃170話ネタバレ!痣発現者は25歳で死ぬ!実弥復活で柱の共闘!についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、ジャンプ最新38号に掲載されていた鬼滅の刃170話の内容に感想をネタバレも含みますが、

  • 鬼滅の刃170話ネタバレ!痣発現者は25歳で死ぬ!実弥復活で柱の共闘!|痣のリスク
  • 鬼滅の刃170話ネタバレ!痣発現者は25歳で死ぬ!実弥復活で柱の共闘!|例外の者とは誰なのか?
  • 鬼滅の刃170話ネタバレ!痣発現者は25歳で死ぬ!実弥復活で柱の共闘!|風柱復活!

以上の項目に沿ってご紹介させて頂いております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

鬼滅の刃170話ネタバレ!痣発現者は25歳で死ぬ!実弥復活で柱の共闘!|痣のリスク

鬼滅の刃170話ネタバレ痣25歳実弥

鬼滅の刃170話の見出しのページでは、悲鳴嶼と上弦の壱の戦いの続きではなく、カナヲたちと、善逸たちが合流3秒前と言うシーンから始まりました。

そして上弦の壱になすすべなく柱に突き刺されていた時透は、自らの力で刀を抜き取り串刺しから解放されます。

鬼滅の刃170話ネタバレ痣25歳実弥

鬼滅の刃170話ネタバレ痣25歳実弥

鬼滅の刃170話ネタバレ痣25歳実弥

串刺しから解放された時透は、玄弥に上弦の壱の髪の毛を取ってきて自分に食わせてくれるよう懇願し、2人とも最後まで一緒に戦おうと誓うのでした。

鬼滅の刃170話ネタバレ痣25歳実弥

鬼滅の刃170話ネタバレ痣25歳実弥

そして169話の最後で痣が発言した悲鳴嶼と上弦の壱の戦いでは、上弦の壱が痣が発言した悲鳴嶼に痣の謎というかリスク、痣の者は例外なく二十五の歳を迎える前に死ぬと言う事を告げていました。

痣にはそういうルールがあったのですね!甲塚もこれまでいろいろと考察を重ねてきましたが、痣発言者が短命であると知り結構スッキリしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする