【鬼滅の刃考察】炭治郎と同期の剣士達の異能について|五人揃えば最強か?

Pocket

【鬼滅の刃考察】炭治郎と同期の剣士達の異能について|善逸、伊之助、カナヲ、玄弥

【鬼滅の刃考察】炭治郎と同期の剣士達の異能についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では鬼滅の刃の考察として、炭治郎の同期の剣士たちの異能についてを、

  • 【鬼滅の刃考察】炭治郎と同期の剣士達の異能について|同期の五人
  • 【鬼滅の刃考察】炭治郎と同期の剣士達の異能について|五人揃えば最強?
  • 【鬼滅の刃考察】炭治郎と同期の剣士達の異能について|鬼舞辻以降も視野に

以上の項目に沿ってご紹介させて頂いております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【鬼滅の刃考察】炭治郎と同期の剣士達の異能について|同期の五人

鬼滅の刃考察炭治郎同期剣士異能善逸、伊之助、カナヲ、玄弥

鬼滅の刃、炭治郎と同期の剣士達の異能について~五人揃えば最強か?~

鬼滅の刃の主人公竈門炭治郎には同じ最終選考を生き残り、同時に鬼殺隊に入隊した同期の剣士達がいます。

彼ら五人は、炭治郎含め全員『異能者』と呼べるほどの超感覚を備えていますね。

今回はそれについて妄想たっぷりに考察してみたいと思います。

同期の五人

炭治郎と同期である剣士は、我妻善逸、嘴平伊之助、栗花落カナヲ、不死川玄弥というメンバーですが、この五人主役級なんで強くて当たり前なんですが、その強さを支え、何度も死地から生還しているのは、その異能によるものでしょう。

異能といってもサイコキネシスとかテレパシーみたいな超能力的なものではなく、人間の根源的な感覚である五感、即ち視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚が異常に発達しているんですよね。

そのどれもが特別な能力ではありませんが、鋭敏さが度を越すと、それは最早超能力と呼べるレベルだとも言えるでしょう。

簡単に書けば、

  • 炭治郎は嗅覚
  • 善逸は聴覚
  • 伊之助は触覚
  • カナヲは視覚
  • 玄弥は味覚

甲塚はこのように見ています。

唯一、玄弥は元々特異体質であり、それは異能と呼べるかも知れませんが、鬼を食う事によって、その能力を得るという力を、こじつけかも知れませんが、味覚と判断しました。

これら、健常な人ならば当たり前に備える能力が個々バラバラに異常発達しているといのは、必ずなんらかの意味があると思うのです。