【鬼滅の刃193話以降考察】無惨のさらなる進化!?|ヒトデをイメージさせる9本の管

Pocket

【鬼滅の刃193話以降考察】無惨のさらなる進化!?|炭治郎はどう戦う?

【鬼滅の刃193話以降考察】無惨のさらなる進化!?についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、鬼滅の刃192話までの展開から193話以降の展開予想考察として、

  • 【鬼滅の刃193話以降考察】無惨のさらなる進化!?|無惨の背中にヒトデ!?
  • 【鬼滅の刃193話以降考察】無惨のさらなる進化!?|分裂から分身を生み出す!?
  • 【鬼滅の刃193話以降考察】無惨のさらなる進化!?|最後に

以上の項目に沿ってご紹介させて頂いております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【鬼滅の刃193話以降考察】無惨のさらなる進化!?|無惨の背中にヒトデ!?

無惨は変幻自在!分裂による分身の可能性!?

鬼滅の刃第192話にて、炭治郎が無惨の事を『変幻自在』だと表現していました。
 
今回はそれについて妄想たっぷりに考察してみます!
 

無惨の背中にヒトデ!?

無惨の背中には9本の管があり、無惨はそれを使って強力の攻撃を繰り出してくるわけですが…
 
無惨の背中にはその9本の管の基部、本体ともいえる部分が存在しますが、その形状は一目でヒトデっぽく見えます。
 
普通ヒトデといえば5本足を持つ星のような形状を思い浮かべると思います。
 
しかし、この世には8本足、9本足のヒトテが存在するようです。
 
無惨の背中を見ると、その9本足のヒトデをイメージしてしまうんですよね…
 
ヒトデは本体となる『盤』から足や腕と呼ばれる触手がのびているもので、無論生き物であり棘皮動物と呼ばれる種族らしいです。
 
無惨の管を見るに、やはりこのヒトデという要素から、その戦闘能力がまだまだ奥深いものであるように感じるのです。
 
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする