スポンサーリンク

【鬼滅の刃第192話あらすじと感想】ヒノカミ神楽十三ノ型の正体が判明!?|縁壱と炭治郎の時空を超えた絆

鬼滅の刃
Pocket

【鬼滅の刃第192話あらすじと感想】ヒノカミ神楽十三ノ型の正体が判明!?|死んでいた間に何が!?

ヒノカミ神楽十三ノ型の正体が判明!? についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、鬼滅の刃192話のあらすじから感想をネタバレも含みますが、

  • 【鬼滅の刃第192話あらすじと感想】ヒノカミ神楽十三ノ型の正体が判明!?|縁壱と炭治郎、時空を超えた絆
  • 【鬼滅の刃第192話あらすじと感想】ヒノカミ神楽十三ノ型の正体が判明!?|ヒノカミ神楽十三ノ型の正体
  • 【鬼滅の刃第192話あらすじと感想】ヒノカミ神楽十三ノ型の正体が判明!?|縁壱と竈門家の生命観について

以上の項目に沿ってご紹介させて頂いております。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃第192話あらすじと感想】ヒノカミ神楽十三ノ型の正体が判明!?|縁壱と炭治郎、時空を超えた絆

ヒノカミ神楽十三ノ型の正体が判明!?〜縁壱と炭治郎の時空を超えた絆〜

鬼滅の刃第192話、再び無惨と対峙した炭治郎は『死んでいた』と思われる時間の中で先祖炭吉の記憶の中で出会った縁壱の所作からついにヒノカミ神楽十三ノ型の正体に行き着いたようです!
 
今回はそれを中心に妄想たっぷりであれやこれや書いてみたいと思います!
 

縁壱と炭治郎、時空を超えた絆

炭治郎は無惨の毒によって一時『死んでいた』と思われますが、炭治郎はその時間に先祖炭吉の記憶を追体験しました。
 
甲塚はこれが気になるんですよね…
 
炭治郎は単に意識を無くしていたのではなく、心停止した状態にあったと思われ、それならば炭治郎は魂とか心と呼ばれるレベルで炭吉の記憶と重なったと言う事になるのではないか?
 
炭治郎は先祖に炭吉という音がいた事は知っていたかも知れませんが、何故その記憶と重なる事になったのか?
 
もしかしたら…
 
『ヒノカミ神楽』は縁壱から竈門家に伝わり代々受け継がれてきましたが、『ヒノカミ神楽』は受け継がれる中で代々の継承者の記憶までも継承していく働きがあるのかも知れない…
 
『ヒノカミ神楽』は先祖から子孫へと血肉のように存在を刻みながら受け継がれてきたのでは?
 
そう考えると、『ヒノカミ神楽』という共通する要素においては縁壱と炭治郎は先祖と子孫の関係であると言えるのかも知れませんな…