【鬼滅の刃189話以降考察】無惨編以降物語は続くのか?|鬼の次は黄泉の国が敵となる?

Pocket

【鬼滅の刃189話以降考察】無惨編以降物語は続くのか?|青い彼岸花と黄泉の国

【鬼滅の刃189話以降考察】無惨編以降物語は続くのか?についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、鬼滅の刃の現在進行中の無惨編が終わった後、鬼滅の刃は続くのか?もし続くのならどういった展開になるのか?についての考察を、

  • 【鬼滅の刃189話以降考察】無惨編以降物語は続くのか?|無惨編以降続くのか?
  • 【鬼滅の刃189話以降考察】無惨編以降物語は続くのか?|青い彼岸花と黄泉の国
  • 【鬼滅の刃189話以降考察】無惨編以降物語は続くのか?|鬼殺隊はどうなる?村田が戦力に?愈史郎は?

以上の項目に沿ってご紹介させて頂いております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【鬼滅の刃189話以降考察】無惨編以降物語は続くのか?|無惨編以降続くのか?

鬼滅の刃、無惨編以降物語は続くのかについての考察〜鬼の次は黄泉の国が敵となる?〜

鬼の首魁・鬼舞辻無惨との壮絶な戦いが続いている鬼滅の刃ですが、読者なら誰もが気になるのが
 
『無惨を倒した後も物語は続くのか?』
 
だと思うのですが、今回はそれについて妄想山盛りで考えてみたいと思います!
 

無惨編以降続くのか?

甲塚は続くと信じております!
 
甲塚としては、あんな無惨みたいな奴がラスボスだとは思いたくない!(笑)
 
正直、無惨って鬼になる前からコンプレックスの塊みたいな奴で、それが人格を歪めているように見えます。
 
コンプレックスが強いという事は、プライドが高いとも取れます。
 
言動からして小物感たっぷりな情けない奴が鬼滅の刃のラスボスだなんて絶対にいやです。
 
また、無惨や産屋敷家のルーツについても語られていませんし、そこに無惨編以降の鍵となるものがあるように思います。
 
甲塚は無惨が鬼になるきっかけとなり、殺されてしまった医師が絡んでいるように思えるのです。
 
まず、鬼になる前の無惨にしても耀哉にしても、何故あれだけ身体が弱いのか、全く説明がありませんし、産屋敷家の異常な人間の勘の良さについても同様です。
 
甲塚としては、無惨や産屋敷家はこの世ならざる黄泉の国とか、『あの世』と呼ばれる世界にルーツがあるように思えるのです。
 
また、耀哉の肉体が崩れていく様を見るに、甲塚には『呪い』や『たたり』のようなものだったようにも思えます。
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする