スポンサーリンク

終末のワルキューレ第33話ネタバレ!|沖田総司登場!釈迦はヤンキーが過ぎる!

終末のワルキューレ
Pocket

終末のワルキューレ第33話ネタバレ!|雷電為右衛門百閉開放!

 
終末のワルキューレ第33話ネタバレ!についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では月間ゼノン8月号に掲載されていた終末のワルキューレ33話の内容に感想をネタバレも含みますが、
  • 終末のワルキューレ第33話ネタバレ!|信濃国大石村の太郎吉
  • 終末のワルキューレ第33話ネタバレ!|百閉開放と超筋外骨締廻
  • 終末のワルキューレ第33話ネタバレ!|ロキと釈迦

以上の項目に沿ってご紹介しております。
 
スポンサーリンク

終末のワルキューレ第33話ネタバレ!|信濃国大石村の太郎吉

終末のワルキューレ第33話ネタバレ!雷電為右衛門百閉開放!場外乱闘勃発!

 
ついに始まったラグナロク第五回戦、破壊神シヴァVS雷電為右衛門!!
 
第33話では最強力士。雷電為右衛の出生とその肉体の秘密が明かされます!
 
今回は第33話の内容と感想、考察を妄想をまじえて書かせて頂きます!
 

信濃国大石村の太郎吉



雷電為右衛門の生まれは信濃国の農村…


生まれて2歳8ヶ月になると言うのに、何故か立ち上がる事が出来ず、両親は心配し悩みながらも愛情豊かに育児に勤しんでいたようです。

そんなある日…


太郎吉が立った!太郎吉が立った!ハイジとペーターのように我が子の成長を喜ぶ両親でしたが…


太郎吉は何故か両脚、両腕、あばらを骨折!

立ち上がっただけなのに、一体何故こんな事に!?
 


太郎吉は生まれながらにして尋常ならざる筋力を持っており、その『筋圧』により、骨を破壊してしまったのだった!

太郎吉が立てなかったのは、本能で筋肉を使う事を抑制していたのでしょうか?

とんでもない特異体質を持って生まれた事が判明したわけですが、両親の献身的な介護もあり…


太郎吉の肉体には、筋肉を抑えつける為の筋肉の殻が生み出され、日常生活を送れるようになったようです。