スポンサーリンク

プラチナエンド56話ネタバレ!明日と咲が婚約?|手毬、米田博士に恋をする

プラチナエンド
Pocket

プラチナエンド56話ネタバレ!明日と咲が婚約?|神を創りし存在の謎

プラチナエンド56話ネタバレ!明日と咲が婚約?についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、ジャンプスクエア12月号に掲載されていたプラチナエンド56話の内容に感想をネタバレも含みますが、

  • プラチナエンド56話ネタバレ!明日と咲が婚約?|神を創りし存在
  • プラチナエンド56話ネタバレ!明日と咲が婚約?|米田博士と手毬
  • プラチナエンド56話ネタバレ!明日と咲が婚約?|明日と咲、婚約!?

以上の項目に沿ってご紹介しております。

スポンサーリンク

プラチナエンド56話ネタバレ!明日と咲が婚約?|神を創りし存在

 

神を創りし存在の謎、明日と咲が婚約?手毬、米田博士に恋をする

プラチナエンド第56話!

甲塚
甲塚

前回、神選びの結末として自ら神になると申し出た中海は前の神と融合し、天使達と共に天界入りした…

明日と咲、そして米田以外の全ての人類の頭からは神選びの記憶は記憶は消え去ったが…

今回は第56話の内容と感想を妄想をまじえて書かせて頂きます!

 

神を創りし存在



人間の世界とはかけ離れた、まるで絵画のような美しい風景が広がる天界…
新たな神となった中海は虹の輪の中にいるようだが、空にも輪のような虹が存在している…
虹には何か意味があるのか?


天使達によると天界と人間界は平行して存在するパラレルワールドと変わらないものであるようで、違いは人間界より少し時間の経過が遅いだけだというが…

いや、なんもかんも違いすぎると思いますよ!

しかし、その言葉は額面通りであり、基本的には同じものでありながら、そこに存在する者の違いが世界を違うものにしている、とか?


天使達は、神候補達から無事に新たな神が生まれ、神が死なずに済んだ事は何よりで、天界が救われてよかったと安堵しているようですが、中海は大体、神が死ぬっていうのが嘘っぽい、人間の考えでは神は死なないものだとつぶやく。
それは神は人間が創ったものであると考える中海からすると、人間の考えと違い神が死ぬというのはおかしいという意味なんでしょう。
しかし、天使達によるとそれは人間が勝手に創った宗教観に過ぎないのだという。
中海にはそれは合点がいかない…
それよりも今、中海は非常に気分が悪いという…


中海の身体の中には前の神が寄生しているようだ。
しかし、それが神になった証であり、でなければ神の能力を得る事はできなかったという。


しかし中海は思う。
これでは中海の皮を被った前の神というのと変わらない。
蜜柑の味がする林檎は林檎の皮を被った蜜柑でしかないと表現する。
なかなか深遠な味わいの表現ですが、中海はそれだけの違和感をおぼえているという事ですな。


中海の頭の中には前の神の意識が存在している…
中海は前の神に乗っ取られてしまうような不安を口にするが、天使達はそんな事はない、中海だった意識が新たな神を司り、最後には融合する…
それに要する時間はわからないが、要するに最後には中海の意識が前の神の意識を吸収するという形になるという事なんでしょうか?

中海は神になったばかりでまだまだ神としては未熟だという事なんだと甲塚は感じました。


天使達は死んだ人間の『存在』を形としてとどめる作業をしているようです。


中海はそれをコピーだと表現しました。
天使達はそれを肯定し、人間は死ねば焼かれるか腐るかして形を失うが、その形だけを保存している。
しかし、それが名の為かまでは知らず、ただ天使を創る為の参考になる事はあるようだと教える…


中海はそれを見て、これが人間の死後の有り様であり、天国や地獄は存在しない空想の産物であったのだと知る…
中海は天国と地獄、因果応報みたいな概念が嫌いだったようで、死ねば全て終わるのだと知り、よかったという。
しかし、中海は人間の形が保存されている理由を神である自分に分からず、また天使達も知らないということに疑問をおぼえる。


そこに前の神の声が聞こえてくる…
前の神は人の形の保存の理由を創造主として生の終わりを残しておく責任がある。
それは創成期のしきたりだと説明する。
創成期とは物事が最初に成立した頃の時期を意味する言葉ですが、『しきたり』という言葉からするに、神も何かが創ったルールに従ったという意味?


しかし中海がこだわるのは神が人間を創ったという言葉…
それは絶対に違う、神を創ったのは人間であるはずだ…


それなら…
人間を創ったのが神ならば…神さえも何者かに創られた存在ということになる?
前の神はただ事実を語る、神にも何が神を創ったのかわからないと…


中海は疲れたから休みたいと天使達に独りにしてくれと頼む…
天使達はせっかく神になったのだから死にたい人間を早く死なせてやればいいのに、と中海の言動を不可解に思っていた…


中海はまず神という存在や天界の不可解な謎を解き明かす事を優先すべきだと考えたようだ。
それを米田博士に伝えなければならない…!