スポンサーリンク

ヒィズル国とはどんな国?|進撃の巨人第134話考察

進撃の巨人
Pocket

ヒィズル国とはどんな国?|エルディア帝国とは懇意の仲?

ヒィズル国とはどんな国?についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、進撃の巨人134話にて、地鳴らしによって踏み潰されてしまったヒィズル国らしき国土と民衆が登場しましたが、そのヒィズル国がどんな国であったのかという事についての考察を、

  • ヒィズル国とはどんな国?|どんな国だったんだろう?
  • ヒィズル国とはどんな国?|同盟国だった…
  • ヒィズル国とはどんな国?|ミカサはヒィズル国には帰らない?

以上の項目に沿ってご紹介しております。

スポンサーリンク

ヒィズル国とはどんな国?|どんな国だったんだろう?

 

ヒィズル国ってどんな国だった?

 

甲塚
甲塚

進撃の巨人第134話にて地鳴らしによって踏み潰されてしまったヒィズル国らしき国土と民衆…

日曜日
今回はそのヒィズル国について妄想たっぷりに色々と書かせて頂きます!

どんな国だったんだろう?

ヒィズル国の支配者は『将軍』だったようです。

また、134話では神社の鳥居やお社?お堂が描かれており、神道と仏教が習合された所謂『神仏習合』の宗教観であったように感じられます。

もしかしたら日本と同じように『天皇』のような存在もいたりしたかも知れないですな…

ヒィズル国はエルディア帝国の同盟国であり、将軍の子息がパラディ島に逗留していたようですが、100年前の巨人大戦でヒィズル国は敗戦国となり、その混乱から将軍の子息は様に残され、ヒィズル国には今『将軍』はいなかったのかも知れないですな…

暫定的に近い血縁者が代理を務め、アズマビト家みたいな家柄が集まって合議制とかで政治を行っているのかも知れないですな…

イメージとしては明治か大正あたりの日本…

都市部は近代化されながら134話で描かれたような地方は、まだ古い文化が残っていた…
流石に巨人の存在は知っていたでしょうが、ヒィズル国は巨人に襲われた事も少ないと思われますし、彼らは初めて見た存在に滅ぼされたような形になったように感じられますな…