スポンサーリンク

【キングダム630話考察】羌瘣(きょうかい)が天地の間の呪術で信を救う?|代償は?

キングダム
Pocket

【キングダム630話考察】羌瘣(きょうかい)が天地の間の呪術で信を救う?|成功したら信の奥さんは羌瘣しかいない!

 

【キングダム630話内容と考察】羌瘣(きょうかい)が天地の間の呪術で信を救う? についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、キングダム630話の内容に考察をネタバレも含みますが、
 
  • 【キングダム630話内容と考察】羌瘣(きょうかい)が天地の間の呪術で信を救う?|王賁に蒙恬も知る
  • 【キングダム630話内容と考察】羌瘣(きょうかい)が天地の間の呪術で信を救う?|禁忌の術なのか?代償は自分の命?
  • 【キングダム630話内容と考察】羌瘣(きょうかい)が天地の間の呪術で信を救う?|寿命半分で成功率2分の1の賭け
 
以上の項目に沿ってご紹介させて頂いております。
 
スポンサーリンク

【キングダム630話内容と考察】羌瘣(きょうかい)が天地の間の呪術で信を救う?|王賁に蒙恬も知る

キングダム629話で心停止が確認された信ですが、その事により飛信隊の動きが止まり混乱中であることが、王賁や蒙恬も感じ取り2人も飛信隊の信を取り巻き悲しみに暮れている所へ駆けつけます。
 
蒙恬はもともと信と仲が良い感じの同期ですし、王賁も口ではいつも憎まれ口を叩いていながらも、信をライバル視こそしていますが心底嫌っているわけでもなく2人とも戦力としても友人?同期?としても喪失感は否めないでしょう。
 
内心は3人の中では1番殺しても死にそうにないお前が何で死んでいるんだよ!という思いなのではないでしょう?
 
そんな2人も信の前に座り何かをしようとしている羌瘣を見守ります。
 
羌瘣が信に施そうとしていた術は1000年前から伝わる、天地の間という空間に魂を転移させ、1度は羌瘣自身が仮死状態となり下手をすれば戻ってこれなくなりそのままというリスクを負う術なのでした。