ツチノコは実在する?|本邦屈指のメジャーなUMA


ツチノコは実在する?|日本固有のUMA

ツチノコUMA実在いる

ツチノコは実在する?についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では日本特有のUMAツチノコについて

  • ツチノコとは?
  • ツチノコは実在する?
  • ツチノコは実在する?|最後に

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ツチノコとは?

ツチノコUMA実在いる

甲塚的オカルト学 本邦屈指のメジャーUMA『ツチノコ』は実在する!?

日本にもUMA(未確認生物)とされている生物がいますな。

最もポピュラーなのは『河童』かも知れませんが、比婆山のヒバゴン、池田湖のイッシーなどは海外のビッグフットやネッシーの影響を受けたものかと思われます。

しかし、『ツチノコ』は日本固有のUMAで、総じて巨大な海外のUMAに比べればかなり小さく、強烈なインパクトのないUMAです。

しかし、現実に存在しそうなUMAとしてはトップレベルだと思います。

今回は、そんなツチノコについて考えてみたいと思います。

『ツチノコ』とは?

『ツチノコ』を感じで書くと『槌の子』。

平たく言えば、銅の太い蛇。

古くは縄文土器にツチノコに似た生物の彫刻があり、江戸時代に出版された『和漢三才図会』の中に記載されており、1970年代には社会現象とも呼ぶべき一大『ツチノコブーム』を巻き起こした存在。

様々な目撃談をまとめると、体長は一番馴染み深い30センチサイズから2メートルくらいのものもいて、まるで一升瓶のような独特のシルエットをしていて、3メートル近い跳躍力と、牙には毒があるようです。

『和漢三才図会』によると山道に出没し、高い所から低い所へ移動するのは速いが、その逆はかなり遅く、遭遇したら高い所に移動したほうが良いなどと書かれています。

形状から察するに山道を転がって移動するのでしょう。

30センチ台の生物が3メートルも跳躍するのなら、それは凄まじい筋力から生み出されるものでしょうから、胴が太いのは筋肉が発達しているからで、もしかしたらツチノコはガチムチのマッチョさんなのかも知れません。

人に害をなすという記述もあればなさないという記述もあり、遭遇したなら、やはり威嚇的な行動をとるのでしょうね。

ツチノコに遭遇して命を落としたという話を聞いた事がないので、毒性も強いものではないようです。
個体差はあるかも知れませんが。

『ツチノコ』は捕獲できたら懸賞金が出る賞金首になった為、ブームになりました。

最近は地味になってしまいましたが、またブームがやってくるかも知れませんね。

ツチノコは実在する?

ツチノコUMA実在いる

実在するのか?

その正体は様々に言われていますが、蛇やトカゲの一種であるという見方が大半のようです。

しかし、古くは日本神話のカヤノヒメ神の別名とされている事から、もしかしたら精霊の類の存在なのかも知れません。

これは、私の母方の女性の話ですが、その女性はある御使いを言いつけられます。

目的地に到着するには日頃よく遊んでいる山の中を歩いたほうが近いので、一人山の中を歩いていました。

いつもより霧がかった山道に違和感を感じていましたが、気づいた時には道に迷っていました。

しかし、あまり大き山ではないので、下に向かって歩いていけば麓には着くはずです。

しかし、行けども行けども景色が変わり映えしません。

しかも、その山は戦国時代の古戦場で、お化けが出るというのを思い出してしまいます。

泣きそうになりながら歩いていると、山道の途中に祠の入り口を見つけます。

何かに導かれるようにその祠に足を踏み入れると、そこには金銀財宝の山が…!

そういえば、この山に昔お城があって、戦で敗れたこの地方の領主が財宝を山の中に隠したという話を聞いた事があるのを女性は思い出しました。

女性はみんなに知らせなければとテンションが上がり、急いで祠から飛び出しました。

しかし、祠から飛び出した瞬間、近くの茂みからガサガサと音がして何か得体の知れない生き物が飛び出してきました。

びっくりした女性は周りを見る余裕もなく一目散に逃げ出しました。

気づくと家の近くにいて、ホッとしながらもみんなに今見てきた事を告げると、翌日、大人が大勢で金銀財宝が眠る祠を探しましたが、ついに見つける事は叶いませんでした。

女性は後年、ツチノコの存在を知り、あの時見たものはツチノコに違いないと言っていたそうです。

この話から、甲塚はこう思いました。

ツチノコはその財宝を守る門番のような存在であり、女性が慣れ親しんだ山道で迷ってしまったのは異界に足を踏み入れたから。

もしかしたら、ツチノコは異界の生物であるのかも知れません。

ツチノコは実在する?|最後に

ツチノコUMA実在いる

まとめ

ツチノコはもしかしたら異界の生物であり、こちらの世界では霊的な存在にあたり、『心』でないと見えない存在なのかも知れません。

流行は繰り返すもので、また近い将来にツチノコ捕獲に躍起になる人達が大勢現れる事があるかも知れません。

実在しないより実在したほうが面白い!

甲塚もいつかツチノコに遭遇したいものだと思います。

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする