豊田真由子議員の秘書辞職|青森の町議、執拗な取材が原因


豊田真由子議員の秘書辞職|取材攻勢が続き秘書業務ができない

豊田真由子議員の秘書辞職

豊田真由子議員の秘書辞職についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、あの暴言発覚騒動以降8月末に初めて記者の取材に応じて議員を続ける意思を表明した豊田真由子議員の秘書が9月4日に開かれた青森県板柳町の町議会にて豊田真由子議員の政策秘書を辞職したことが分かった事についてを

  • 豊田真由子議員の秘書辞職|辞職は8月28日付け
  • 豊田真由子議員の秘書辞職|まだ1度も話せていないとの事
  • 豊田真由子議員の秘書辞職|金銭トラブルも?

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

豊田真由子議員の秘書辞職|辞職は8月28日付け

豊田真由子議員の秘書辞職

青森県板柳町の松森俊逸町議が9月4日に開かれた町議会の議員全員協議会で、兼職に批判が出ていた豊田真由子衆院議員(埼玉4区)の政策秘書を辞職したことを明らかにしました。

マスコミの取材攻勢が続く中で、円滑な秘書業務ができないと判断したというのが理由だそうです。

協議会は9月4日に開会した定例議会の直前に開かれました。協議会後に取材に応じた松森議員によると、辞職は8月28日付。

近親者を介して豊田真由子議員の了解を得て、手続きをしたそうです。秘書就任は6月30日付でしたが、規定により受け取った給与は7、8月の2カ月分との事。

豊田真由子議員の秘書辞職|まだ1度も話せていないとの事

豊田真由子議員の秘書辞職

辞職の理由について、松森議員は

「マスコミの執拗(しつよう)な取材で記者やカメラマンに追いかけられており、秘書業務で接触する人たちにも迷惑をかけてしまう」

などと説明されております。

その上で

「豊田氏は支援するに足る人材。兼職を続けたかったが、本当に残念」

と述べておられます。

ただ、豊田真由子議員とはまだ一度も話をしていないとのこと。

豊田真由子議員の秘書辞職|金銭トラブルも?

豊田真由子議員の秘書辞職

松森議員を巡っては、一部で金銭トラブル疑惑も報じられており、この日の協議会でも議論されたいました。

葛西清人議長によると、説明を求められた松森議員は

  • 「トラブルは解決済み」
  • 「マスコミのでっち上げ」

などと主張していますが、具体的な説明はなかったといいます。

葛西議長は

「議会最終日の12日までに全員協議会をもう一度開き、対応を決めたい」

と話しました。

豊田真由子議員の政策秘書ということで注目を浴びたことで、金銭トラブルの方も発覚したのでしょうかね?

まだ真相はわかりませんが、豊田真由子議員とともに今後更にその動向に注目が集まりそうですね。

この記事でのご紹介は以上となります。

最後まで記事をご覧いただきましてありがとうございました。

【その他の豊田真由子議員関連記事】

豊田真由子議員【暴言】発覚後初告白|議員活動を続けると明言

豊田真由子議員パワハラ問題から録音していることを揶揄する風潮はマズイ?

豊田真由子様に向かって|あるんでちゅかなどの新たな暴言発覚!

高木美保さんが話題の豊田真由子議員に苦言を呈す6月22日16時離党届提出との報道も|羽鳥慎一のモーニングショーにて

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする