東京喰種re最終巻第16巻ネタバレ!感想|ナキお帰り!!やっぱり生きていた!


スポンサーリンク
スポンサーリンク

東京喰種re最終巻第16巻ネタバレ!感想|四方とウタに亜門とドナート


東京喰種re最終巻第16巻ネタバレ感想

四方とウタ

四方とウタの因縁…

精神的に大人になった四方と、大人になりきれなかったウタ…

結局のところ、ウタは四方が大好きで、憧れていたんでしょうね。

変な意味ではなく、ウタは四方に恋をしていたのかも知れない…

しかし、彼等の関係はこれからも、よくも悪くも変わらずに続いていくようです。


東京喰種re最終巻第16巻ネタバレ感想

亜門とドナート

亜門と、養父である喰種のドナート…

養父を悪として憎んでいた、いや、憎むべき対象と思いこんでいた亜門でしたが、両者は親子として愛し合っていたようです。

戦いに決着がついた後の親子のやり取りは非常に美しい光景でした。

あの結末を描けるのが、石田先生の天才的なところだと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする