東京喰種re第15巻感想と考察【ネタバレあり】|カネキのサルベージ作戦


東京喰種re第15巻感想と考察【ネタバレあり】|リゼが!?

東京喰種re第15巻感想ネタバレ

東京喰種re第15巻感想と考察【ネタバレあり】についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では先日発売された、東京喰種re第15巻の感想と考察からネタバレも含みつつ

  • 東京喰種re第15巻感想と考察【ネタバレあり】|あらすじ
  • 東京喰種re第15巻感想と考察【ネタバレあり】|瓜江班
  • 東京喰種re第15巻感想と考察【ネタバレあり】|旧多はやっぱり面白い

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

東京喰種re第15巻感想と考察【ネタバレあり】|あらすじ

東京喰種re第15巻感想ネタバレ

東京喰種re第15巻を読んでの感想と考察(ネタバレあり!)

出ました!

東京喰種re最新第15巻!

第14巻は『ナァガラジ』のもたらす破壊、それを止める為の喰種とCCGの一時的共闘、そして『ナァガラジ』内部にいるカネキのサルベージ作戦の様子が描かれました。

第15巻はどんな展開なのか?

あらすじ

トーカと瓜江班メンバーによりカネキのサルベージの最中に正体を現して襲いかかってきた六月と安浦。

しかし、瓜江と米林は六月を攻撃せず、六月の攻撃を甘んじて受けきる。

シャトーでの生活から生まれた『家族』としての絆は理屈ではなく、彼らはお互いを『大切な存在』として認識していた事を再確認し、彼らは和解した。

一方、ナァガラジ内部のカネキの精神世界。

カネキはおそらく和修家のものだと思われる神社のような日本家屋日本家屋いる。

そこでカネキはリゼと対話する。

カネキはリゼからすべてわ背負って生きていけるのか?と問われますが、カネキはやってみますと答えて2人は別れました。

カネキの行く先は守るべき皆のところ…

かくして、カネキはトーカの手によってサルベージされましたが、その肉体は人間ではない、喰とも呼べない異形の姿に変化していました。

しかし、人格はカネキその人…

また、旧多が姿を現しました。

彼は、ナァガラジの残骸から生まる『落とし子』がrc値異常をもたらす毒を撒き散らし、喰種の赫子を暴走させ、人間を喰種に変化させていく様をリポーターし、その動画を配信します。

また、旧多の一番の願いが叶います。

カネキと同じくナァガラジの内部からリゼがサルベージされたのです。

しかし、その姿はカネキと同じく異形に変化していました。

最後に、カネキはようやくヒデと再会します。

昔と変わらないやりとりを見せる中、カネキはヒデに素顔を見せてくれと頼みます。

ヒデはカネキに素顔をさらしました。

カネキはそれを見て、自分がやってきた事すべてを背負って、すべての問題に立ち向かう事を誓い、第15巻は終了しました。

東京喰種re第15巻感想と考察【ネタバレあり】|瓜江班

東京喰種re第15巻感想ネタバレ

瓜江班

冒頭から続く瓜江班内の争いは、今まで口にしなかったお互いへの思いをぶつけ合う形になりました。

歪んだ欲望に負けて道を違えかけた家族を取り戻すべく、瓜江と米林は六月の攻撃を真正面から受け止め続けます。

米林の

『むっちゃんが好きだ!』

という理屈と血縁を超越した愛情の叫びには涙腺が緩みましたね。

彼らはすでに理屈や立場を超えた深いところで切れようのない絆で結ばれていた事が伝わり、読者の1人として純粋に良かった、救われたと思ってしまいました(笑)

彼らにそれだけの絆を結んだのは紛れもなく佐々木、いやカネキであり、カネキは本当に彼らの父親であり、母親であったんだと感じました。

東京喰種re第15巻感想と考察【ネタバレあり】|旧多はやっぱり面白い

東京喰種re第15巻感想ネタバレ

旧多はやっぱり面白い

未だ謎の多い旧多ですが、今回は動画の中でリポーターとして颯爽と登場しました。

ナァガラジから生まれる『落とし子』達に『インタヴュー』を敢行しました。

しかし、言葉を持たない彼らへのインタヴューの答えはいきなりの攻撃。

それをかわした旧多の一言。

『ご機嫌45度!』

これは、『ご機嫌斜め』という意味でしょうが、笑わずにはいられません(笑)

なんで旧多はこんなに面白いんでしょうか?(笑)

しかし、この『落とし子』が生まれ、それが人間を喰種に変化させる毒を撒き散らすという展開すら旧多のシナリオ通りであり、さらにナァガラジからサルベージされた異形に変化したリゼにたいする『僕の可愛い竜』という発言。

世界が喰種だらけになればリゼと結ばれる事が叶うという事なのか?

彼は目的を達成する事になるんでしょうか?

カネキとリゼの異形

カネキとリゼは共にナァガラジからサルベージされました。

カネキは本体として。

リゼは、カネキが食べたオッガイ達に移植されていたリゼの赫包から復元したようです。

これは、喰種の本体は赫包であり、赫包さえあれば肉体を復元できるという事なのか?

しかし、カネキとリゼの肉体は、人間でもない喰種でもないものに変化したようで、カネキは『落とし子』の毒すら受け付けない特性があるようです。

旧多はリゼを『可愛い竜』と呼んでいましたが、すべての喰種のルーツがカネキ、リゼのような『竜』と呼ばれる存在なのかも知れませんね…

喰種(グール)はイスラム文化圏の魔物ですか、インド神話においてはピシャーチャに相当し、ピシャーチャは同じくインド神話では竜王であるナァガラジの眷属に当たるそうです。

カネキとリゼは、喰種誕生の謎に関わる存在になったのでしょうか?

カネキとヒデ

カネキはようやく、ようやくヒデと再会できました。

昔と変わらない2人の関係。

カネキはヒデの顔に一生消えない傷を作ってしまいました。

カネキ精神世界でのリゼとの会話で、『自分が何かをやろうとした事で、周りを不幸にしてしまった』なんて事を言われたりしましたが、結果としてカネキは失ったものも大きいですが、得たものはそれと比較にならないほど大きなものであり、自分が幸せだったんだと気づく事ができました。

カネキは、今直面しているすべての問題をクリアすれば、後には幸福が待っているという状況にあるのではないでしょうか?

今まですべてを1人で背負い込み、結果として失敗を繰り返してきたカネキですが、今はもう違います。

ヒデがいるし、トーカがいて、仲間がいます。

人間が1人でできる事は小さな事ですが、大勢で一丸になればその力は無限に大きくなっていくものです。

カネキは、今度こそ失敗しないでしょう。

そう信じたいです!

この記事でのご紹介は以上になります。

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました!

その他の東京喰種re関連記事

東京喰種re15巻【ネタバレ】復活したリゼがラスボス?|主人公カネキの人生を激変させた女性

東京喰種re和修家についての考察【ネタバレあり】|目的は?14巻で加納が語った意味は?

東京喰種re第14巻の感想と考察【ネタバレ】|加納の正体は?

東京喰種re13巻の感想と考察【ネタバレ】|ピエロのボスは・・・!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする