東京喰種re月山観母の考察|月山家当主にして黒山羊の幹部的存在


東京喰種re月山観母の考察|彼の目的は?

東京喰種re月山観母東京喰種re月山観母の考察についてこの記事をご覧頂きましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では東京喰種reの人気キャラ?月山習の父、月山家の当主である月山観母についての考察を

  • 東京喰種re月山観母の考察|人物像
  • 東京喰種re月山観母の考察|『月山財閥』の起源とは?
  • 東京喰種re月山観母の考察|あの豪邸は只者ではない!

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

東京喰種re月山観母の考察|人物像

東京喰種re月山観母の考察

東京喰種reの月山観母についての考察~月山家は人間と喰種共存の鍵か?~

現在、カネキ率いる『黒山羊』の幹部的立場にある月山習の実父である月山家当主『月山観母』。

喰種の一族でありながら、日本経済に影響力を持つ『月山財閥』の総帥でもある観母ですが、彼は一体何を考え、何を成そうとしているのでしょうか?

今回はそんな月山観母について考察してみたいと思います。

月山観母の人物像

観母は月山習の父親らしい、見るからに『大富豪』と言った外見で、一人息子の習や使用人達をまとめて『家族』として扱い、大切にする愛情豊かな人物のようです。

特に一人息子の習に対する愛情は『親バカ』という言葉がピタリとはまるほど大きなものであり、習にもそれが遺伝しているようで、習も気に入った者は喰種、人間の差別なく友人として大切に扱うように見えます。

しかし、捕食目的かはわかりませんが、ヒューマンオークションに参加したりしてるみたいなので、その事から喰種としての本性は伺えるかと思います。

しかし、大きな謎は『月山財閥』をいかにして築いたか、です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする