高橋名人毛利名人手塚治虫さんにお会いした体験談|夢のような1日


高橋名人毛利名人手塚治虫さんにお会いした体験談|甲塚誓ノ介体験談シリーズ

高橋名人毛利名人手塚治虫体験談

高橋名人毛利名人手塚治虫さんにお会いした体験談についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、甲塚幼少の頃に経験した【夢のような1日】から

  • 高橋名人毛利名人手塚治虫さんにお会いした体験談|高橋名人と毛利名人
  • 高橋名人毛利名人手塚治虫さんにお会いした体験談|漫画の神様

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

高橋名人毛利名人手塚治虫さんにお会いした体験談|高橋名人と毛利名人

高橋名人毛利名人手塚治虫体験談

甲塚誓ノ介体験談シリーズ『夢のような1日』

これはねぇ、私が小学校1年か2年生くらいの時の話。

いや、3年生になってたのかな?

まあ、夏休みだったと思いますが、私が住む大阪で『漫画博』っていうイベントがありまして、親父にねだって連れていってもらいました。

その時に、私は当時は『神様』的存在だった3人の人物のお姿を生で拝見させて頂きました。

高橋名人と毛利名人

当時はファミコンが社会現象とも言える人気と普及率で、ハドソンやコナミ、ナムコ等メジャーなメーカーから出るシューティングゲームやアクションゲームに、私もドップリはまっておりました。

そんな中登場したのがファミコンのゲームの名人達。

ハドソンの『高橋名人』と、確かアスキーだったかな?の『毛利名人』。

人気とネームバリューは高橋名人が完全に上だったと思いますが、ゲームの腕は毛利名人の方が上だったような気がします。

『高橋名人毛利名人』みたいなタイトルの映画も公開されるくらいの人気でしたね。

で、この『漫画博』というイベントで御二人が揃って登場なさるという事を聞いて、親父に連れていってくれとねだったわけです(笑)

会場はなんか宇宙船の中のようなセットで、御二人は戦闘機のコックピットのようなブースでコントローラーを握っておられました。

会場の熱狂ぶりに、私もかなり興奮した記憶があります。

御二人は確か『スターソルジャー』をプレイしていたかと思います。
あれ、発売前だったような記憶もありますね。

正直、どっちがどっちかわからないくらいの会場の熱狂ぶりだったので勝敗もよくわからなかったですが、とにかく興奮しましたね。

まあ、子供の記憶なんで、なんかとごっちゃになってるかも知れませんが、高橋名人と毛利名人を生で見た、という記憶だけは鮮明に残っておりますね!(笑)

高橋名人毛利名人手塚治虫さんにお会いした体験談|漫画の神様

高橋名人毛利名人手塚治虫さんにお会いした体験談

漫画の神様

これは超ラッキーでしたね。

なんと、あの『鉄腕アトム』や『ジャングル大帝』、『火の鳥』の作者である漫画の神様『手塚治虫』大先生のお姿を、生で、数メートルという距離で拝見できたのです!

『漫画博』と言う事で、有名漫画家の先生達がゲストとしてこられていたみたいですが、ちょうどその日は手塚治虫大先生のサイン会があったのです!

漫画を購入したらサインを頂けるという事で親父にねだってみましたが、親父は、

『辛抱せぇ』

と購入してくれませんでした。

当時はかなり貧乏だったので仕方ありませんが、あのチャンスをフイにしてしまった事は、今でも悔やまれますな(笑)

仕方なく、そのお姿だけでもと勇気を出して大先生に近づいていきました。

大先生はトレードマークのメガネとベレー帽をつけておられ、本当に仏様のような優しいオーラを放っておられました。

私が近づくと、こちらを向いて微笑んでくれました。

凄く幸せな気分になったのを、今でもよく覚えています。

逝去されて数十年…今でも大先生の作品を拝読すると、当時の幸せな気分が蘇りますね。

サインは頂けませんでしたが、イベントに連れていってくれた親父には本当に感謝です。

因みに、その後の人生で、現在に至るまで大先生にお会いした事があるという人間には出会っていません。

これ、自慢です!(笑)

まあ、でも、その帰りに私の我儘から喧嘩になり、帰り道、一言も口をきかなかった事も鮮明に覚えていますが…(笑)

あの日は、当時の私にとっては本当に夢のような1日でしたね。

幼い日に、当時の子どものヒーロー的存在のお三方に1日でお会いできたという忘れがたい日の思い出話でした。

この記事でのご紹介は以上となります。

最後まで御読み頂き、誠にありがとうございました!

【その他の関連記事】

しくじり先生俺みたいになるな!高橋名人先生GENKING先生感想|嘘が招いた悲惨な状態

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする