しくじり先生俺みたいになるな!荻原次晴先生感想|双子でともに優秀なゆえの苦しみ


しくじり先生俺みたいになるな!荻原次晴先生感想|優秀な人と比べられた時に逃げ出さない授業

しくじり先生荻原次晴

しくじり先生俺みたいになるな!荻原次晴先生の感想についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では6月11日放送のしくじり先生、荻原次晴先生の授業の内容と感想から

  • しくじり先生荻原次晴|競争世界で頑張る皆さんに送る授業
  • しくじり先生荻原次晴|凄い勢いで有名になっていく兄
  • しくじり先生荻原次晴|長野五輪で初めて兄健司さんと分かり合える

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

しくじり先生荻原次晴|競争世界で頑張る皆さんに送る授業

しくじり先生荻原次晴

6月11日のしくじり先生は、スキーの複競技の選手の荻原次晴先生でした。

荻原次晴先生は金メダリストの兄、荻原健司選手とは双子の弟になります。

その事で苦しみ、しくじりをおかしてしまったことをご自身の学生の頃からの経験談をお話してくださりながら授業をしてくださいました。

今日本でも年間に双子は一万組出産されているとの事。

意外に多いなと思ったのは甲塚の感想でした。

その双子でも一卵性双生児と二卵性双生児があるのですが、荻原次晴先生と荻原健司選手は一卵性双生児の双子で一卵性双生児の場合はDNAの99%以上が一致しているとの事。

荻原健司さんと荻原次晴先生は、スキーでもジャンプとクロスカントリーを2日かけて行う競技ノルディック複合競技を共に学生の頃からしておりました。

最初は次晴先生の方が圧倒t気に優秀であり、幼いころから遊びやスポーツでも全て次晴先生の方が器用になんでもこなせたらしいです。

中1の頃などは次晴先生のみ全国大会に出場していたほど差があったとの事。

しかし中3では2人そろって全国大会に出場し1位が健司さん、2位次晴先生と立場が逆転してしまいました。

この時に次晴先生がしたしくじりは

『俺はまだ本気出していない』

と思っていました。

次晴先生はこの時の自分を振り返り、現実から逃げていたと仰っていました。

しくじり先生荻原次晴|凄い勢いで有名になっていく兄

しくじり先生荻原次晴

立場が入れ替わった次晴先生と健司さん。

ここから荻原健司さんは凄い勢いでスキー界での有名選手へと上り詰めていきます。

きっかけは高校2年生で2人そろって初の国際大会に出場しますが、この時は健司さん36位、次晴先生39位と2人そろって大惨敗。

しかしこの時に感じたことが

健司さん「世界で勝てる選手になりたい」

次晴先生「世界はレベルが違う無理だ!」

とそれぞれこのように違う事を感じていました。

この時に兄を、どうせ無理なのに馬鹿じゃねえの?と思っていた次晴先生が仰るしくじった考え方とは

努力している人をバカにする

このような考え方がしくじりの原因との事でした。

この後、次晴先生はスキーへの情熱が覚めて、ツンと言う名前でラッパーに興味を持ち始めていました。

大学を卒業するころには兄健司さんはアルベールビル五輪出場を決めていて、次晴先生は単位を大幅に落とし留年が確定しておりました。

そして兄健司さんは金メダルを獲得し、荻原健司の名前は全国的に有名になります。

しかし世間は金メダリストの荻原健司さんには双子がいるとは知りません。

ここから荻原次晴先生の【一万回以上間違われ地獄】が始まるのでした。

街で、荻原健司さんと間違われサインを求められて、健司の双子の弟ですと説明すると

  • チェッ!(舌打ち)
  • な~んだ!(がっかり)
  • ウソつくなよ!
  • 健司の偽物かよっ!
  • どうせ顔が同じだから一緒に写真とってよ

などと荻原次晴先生の人格を全く無視した言動が返ってくるのでした。

そして次晴先生は、もう説明もめんどくさくなり健司さんになりすましサインをおぼえサインをするのが1番手っ取り早いのでそうするようになります。

荻原健司サインの見分け方。

ポイント

  • 本物は日本の国旗のイラストが入っている
  • にんべんの曲がり方が逆

しかしこのように健司さんになりすましサインをすることにより、自分の手で自分の存在を消している気持ちになっていったとの事でした。

しかしここから荻原次晴先生は自分も有名になりその存在を世間に知らしめ健司の偽物ではないと証明しようと思います。

頑張り努力をしてついに長野オリンピックに荻原健司さんと一緒に出場することになるのでした。

しくじり先生荻原次晴|長野五輪で初めて兄健司さんと分かり合える

しくじり先生荻原次晴

しかし長野オリンピックの大舞台。

初日のジャンプの時に荻原次晴先生は大緊張で震えが止まらなかったときにすれちがった健司さんから、

「がんばれよっ!」

と言われ緊張がほぐれたそうです。

その結果、ジャンプではK点越えの大ジャンプに成功!91.5メートルの第3位で初日を終えます。

健司さんは90メートルで第9位で初日を終え、人生で初めて健司より自分に注目が集まった日であったと次晴先生は思いました。

コメントを求められる取材陣からも健司さんより自分へさっとうしてきたこの日が初でした。

次晴先生はこれが本物の本気か!今までのは本気じゃなかったと気づいたそうです。

2日目のクロスカントリーを終え結果は荻原健司第4位、荻原次晴第6位と2人して入賞はするもメダルには届かなっかったとの事ですが、荻原次晴先生は世間に自分の存在を示す事ができ満足したとの事でした。

競技終了後は生まれて初めて健司さんと握手を交わしお互いをたたえあったとの事。

荻原次晴先生は、

【周りと比べらた時に本気を出せないあなたへ】

比べられる=期待されている

比べられることを喜びに感じて、本気を出しましょう。

と仰います。

比べられない存在を認められて方がずっと辛いことだから。

との事です。

確かに比較対象になるという事は、その存在を大きく認められているという事ですものね。

比べるなとか言い勝負から逃げ出そうとする事も多い昨今の社会ではありますが、私も荻原次晴先生の勝負根性を見習い、現在の競争社会を潜り抜けていける勝負根性を身につけたいと感じました。

しくじり先生荻原次晴先生の感想は以上になります。

最後まで記事をご覧いただきましてありがとうございました。

【しくじり先生その他の感想記事】

しくじり先生俺みたいになるな!高橋名人先生GENKING先生感想|嘘が招いた悲惨な状態

しくじり先生俺みたいになるな!宮川一朗太先生感想|思春期の娘の父必見!

しくじり先生俺みたいになるな!アンミカ先生感想|2年付き合った元彼は国際スパイだった!

しくじり先生俺みたになるな!江本孟紀先生感想|ベンチがアホ事件の真相は?

しくじり先生俺みたになるな!内容と感想|仁科克基先生

しくしり先生俺みたいになるな!茂木健一先生|オワコン発言炎上事件

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする