進撃の巨人26巻ネタバレ!あらすじに感想|死を望むライナーとサシャの死!


進撃の巨人26巻ネタバレ!あらすじに感想|物語の規模が急激に膨れ上がった巻


進撃の巨人26巻ネタバレあらすじ感想ライナーサシャ

進撃の巨人26巻ネタバレ!あらすじに感想についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、2018年8月9日に発売された、進撃の巨人第26巻の内容と感想を、ネタバレも含みますが、

  • 進撃の巨人26巻ネタバレ!あらすじに感想|死を望むライナー
  • 進撃の巨人26巻ネタバレ!あらすじに感想|サシャの死
  • 進撃の巨人26巻ネタバレ!あらすじに感想|アニ、健在

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

進撃の巨人26巻ネタバレ!あらすじに感想|死を望むライナー


進撃の巨人26巻ネタバレあらすじ感想ライナーサシャ

進撃の巨人、最新26巻を読んでの感想と考察~ネタバレあり~

本日8月9日、進撃の巨人の最初第26巻が発売されました!

今回は、物語の規模が急激に膨れ上がり、

『人間対巨人』

から、

『人間対人間』

の物語へと変化した進撃の巨人第26巻の感想と考察をチョコッとだけ書かせて頂きます。


第26巻あらすじ

戦鎚の巨人を追い詰めたエレン達。

巨人の身体から引きずり出された戦鎚の女性は結晶化によりエレンに捕食されるのを回避しようとします。

顎も戦鎚の救出に必死になり、持ち前のスピードでエレンを翻弄しますが、何度も死地をくぐり抜けてきたエレンの方が一枚上手で顎はエレンに捕まります。

また、ライナーは身体を張ってファルコを救いましたが、ライナーは傷ついた身体の再生が進みません。

それは、死を望むライナーの精神が影響していたのでした。

そして、リヴァイと獣の戦いは壮絶を極める中、港からはアルミンの超大型が出現!

破壊の限りを尽くす超大型により、戦場は混乱します。

そんな中、リヴァイがついに獣のうなじに刃を突き立て、獣を仕留めます。

また、エレンに捕まった顎は、その強力なアゴを利用され、結晶化した戦鎚を噛み砕かされてしまいます。

そこから滴る戦鎚の地肉をすする事でエレンの戦鎚捕食が成功しました。

エレン等『新生エルディア帝国』は、その初陣を大勝利で飾る事になりました。

しかし、失ったものも多く…

あらすじはここまで、あとは甲塚が気になった事をピックアップして書かせて頂きます!


進撃の巨人26巻ネタバレ感想あらすじ

死を望むライナー

現在、完全に精神を病んでいるライナー。

彼は、いたって健全な精神の持ち主であり、その健全さゆえ、人間として自分が犯した過ちや罪を背負いきれずにいるのでしょう。

戦争というものは人間の精神を麻痺させてしまうものかも知れません。

ライナーは、戦争の被害者と言えるでしょう。


進撃の巨人26巻ネタバレ感想あらすじ

しかし、彼はガビとファルコの願いに応え、顎のガリアードを救うために、満身創痍の身体を押して、再び立ち上がりました。

今のライナーを支えるものは、近しいものを守りたいという純粋な思いだけなのかも知れませんね…

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする