しくじり先生俺みたになるな!江本孟紀先生感想|ベンチがアホ事件の真相は?


しくじり先生俺みたになるな!江本孟紀先生感想|あのグローブの行方までお話してくれました

しくじり先生俺みたいになるな!江本孟紀しくじり先生俺みたいになるな!江本孟紀先生感想についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事では4月30日放送のしくじり先生俺みたいになるな!江本孟紀先生の授業の内容と感想から
  • しくじり先生俺みたいになるな!江本孟紀先生感想|大学編
  • しくじり先生俺みたいになるな!江本孟紀先生感想|プロ野球編
  • しくじり先生俺みたいになるな!江本孟紀先生感想|ベンチがアホや事件真相
以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

しくじり先生俺みたいになるな!江本孟紀先生感想|大学編

しくじり先生俺みたいになるな!江本孟紀しくじり先生俺みたいになるな!4月30日放送の先生は、元プロ野球選手で現プロ野球解説者の江本孟紀先生です。 元々プロ野球好きで阪神好きな甲塚は江本先生を存じ上げておりますが、江本先生がどのような御方なのかを存じ上げていない方の為に簡単にご紹介させて頂くと
  • 1971年当時の東映フライヤーズにドラフト外で入団
  • 東映フライヤーズ⇒南海ホークス⇒阪神タイガースと移籍する
  • 通算113勝を挙げシーズン途中で引退
というような経歴を持つ元プロ野球選手で投手です。 江本先生は大学野球時代から監督への暴言を数々吐いてこられたという逸話を持たれていて、法政大学時代に起こした事件などを最初はお話してくれました。 江本さんが冒頭で一般人の方のアンケートで【上司と喧嘩をした事が】というアンケートに対してイエスと答えた人が33.6%いて、一般の人でも上司とうまくいっていない人は3割も居るとの事。 そこで本日のテーマは 嫌いな上司と10倍楽しく付き合う方法 を江本先生の野球人生で学んだことから教えてくれました。 江本先生が最初に暴言でしたしくじりは、大学野球時代。 当時の大学野球部の監督は 口ごたえを許さないワンマン上司タイプ くそ真面目で融通の利かないタイプとの事。 この監督さんが、雨でも練習をさせる監督さんで、雨ででも練習が出来るよう選手たちに雨の中グランドの整備を命じていたある日。 江本先生ももちろんその整備をさせられていました。 しかし、そんな事は無駄だと感じていた江本先生は 『こんなことやっても無駄!監督は馬鹿や!』 という暴言を吐いてしまいます。 すると監督がなんと後ろに立っていたとの事でした。 勿論監督はご立腹!! 『お前は帰れ!』 と監督に命じられてしまいました。 そして江本先生のプロ入りが困難になった2つ目の事件が、当時の大学野球部に後輩を凄くしごくキャプテンが居たとの事で、そのキャプテンがあまりにも後輩をしごくので保護者からクレームがきました。 監督はキャプテンを呼び出し説教をしましたが、その場にいた江本監督はあまりにも長い説教にキャプテンが可哀そうになってきたと感じ、 『ええ加減にせえや!おんどれ!』 とキレてしまいます。 そしてこの日以降、江本先生は試合に使われることはなくなり結果、プロ野球のスカウトから見てもらえずにプロのドラフトにはかかりませんでした。 大学時代に学んだ江本先生の教訓は
  • 陰口はかならずバレる
  • ワンマン上司への感情的な意思はプラスに働かない
以上の事を学んだ江本先生でした。

しくじり先生俺みたいになるな!江本孟紀先生感想|プロ野球編

しくじり先生俺みたいになるな!江本孟紀そんな江本先生もドラフト外でプロ野球の世界に入ります。 江本先生がプロ野球界で最初に犯したしくじりは、南海ホークス在籍時代でした。 当時の南海ホークスの監督は、野球を知らない方でも知っていると思うあの、名称野村克也監督。 ノムさんです。 ノムさんは話の聞いてくれる良い監督で、江本さんの事を褒めて伸ばしてくれようとしました。 ノムさんは江本先生を監督室へ呼び、 『俺の言う事を聞いていればお前は10勝できる。 10勝したらエースだからお前はこのユニフォームを着れ』 と1軍選手のエース格の背番号である16番のユニフォームを手渡され江本監督は痺れたとの事でした。 モチベーションが一気に上がる江本先生はその年16勝をしました。 しかしその後、ノムさんが私生活で(おそらくは当時はまだ奥様ではないが現奥様のご婦人の事で)スキャンダルを起こし、連日練習場にマスコミが押しかけ江本先生をはじめ、選手たちが練習に集中できない状態が続きました。 そんな中既に投手の中でもリーダー格だった江本先生のところへ他の選手から 『江本さんが監督になんとか言ってくださいよ』 と相談を受けてしまいます。 ここで江本先生はまた一般人のデータとして、中間管理職の1番の悩みは上司と部下との板挟みが1位だというデータを提示してくださいました。 そして江本先生はノムさんに 『チームのムードが悪いのはアンタのせいや!』 と暴言を吐いてしまいました。 その直後江本先生はノムさんに 『ちょっと旅に出てこいや』 と言われトレードとなりました。 当時阪神タイガースにいた、あの江夏豊さんとのトレードとなるのでした。 この事から江本先生は
  • 上司のプライベートは突いてはいけない
という教訓を学びました。

しくじり先生俺みたいになるな!江本孟紀先生感想|ベンチがアホや事件真相

しくじり先生俺みたいになるな!江本孟紀そして阪神タイガースに来た江本先生。 江本先生はこの阪神で 暴言人生MAX人生最大の暴言 を吐くことになります。 江本先生が阪神に来てから4人目の監督。 番組では名前は言いませんでしたが当時の1981年の監督であれば中西太さんですね。 しかし江本先生は、決断のつかない優柔不断な上司。 人は良いし優しいが、必ずしも名選手名監督ならずと当時の事を振り返りこうおっしゃいました。 この後の江本先生の明言は、 嫌いという思いは必ず両想いになる という言葉は確かにそうだなと思いましたね。 そんな江本先生の人生最大の暴言が1981年8月26日の阪神ヤクルトの試合の最中に起こります。

伝説の【ベンチがアホ事件】

試合は8回、4-2で阪神がリード。 投手は先発投手の江本先生。 ランナーはツーアウトで2,3塁。 この時江本先生は、敬遠か?勝負か?と迷い中々球を投じれずにいました。 ベンチの考えはどうなんだろ?何なら投手交代でも良いかもしれないという思いも半分ありチラリとベンチを見ると監督の姿がありません。 監督はベンチを空けてどこかへ行ってしまっていたのです。。。 指示もないので仕方なくそのまま勝負に行く、江本先生。 結果打たれた江本先生はその試合4-4で引き分けとなってしまいます。 ベンチに戻る際に、ベンチから何の指示もなかった事に怒りがMAXの江本先生はグローブを投げつけてしまいます。 フェンスに当たり戻ってきたグローブをさらに観客席に投げ込んでしまった江本先生。 (余談ですがこのグローブはなんでも鑑定団で60万円の値段がついたそうです) そして試合後ロッカールームの前を通るときにまだ怒りがおさまらない江本先生は 『ベンチがアホやから野球ができん!!!』 と伝説の暴言を吐いてしまいました。 この事が原因で球団からは10日間の謹慎を言い渡されるが、江本先生は謹慎を断固拒否! 翌日に退団を決め引退されました。 この事からの教訓は
  • 仕事を捨ててまで言うほどの怒りか?
ということを怒りをぶつける前に1度考え直すべきだと学んだそうです。 そして
  • 上司の弱点をみんなで補おう
と今なそう考えれるとの事で今日のしくじり先生は、今のストレス社会には大変為になる授業でした。 本日のしくじり先生俺みたいになるな!の感想は以上となります。 最後まで記事をご覧いただきましてありがとうございました。 【その他のしくじり先生俺みたいになるな!感想記事】 しくじり先生俺みたになるな!内容と感想|仁科克基先生        
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. WOW just what I was looking for. Came here by searching for fuck it