阪神富良野座キャンプ情報2月10日せやねんから|大山ロサリオ情報に糸井秋山インタビュー


阪神富良野座キャンプ情報2月10日せやねんから|今年のキー選手の生の声

阪神富良野座キャンプ情報2月10日せやねんから

阪神富良野座キャンプ情報2月10日せやねんからについてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では2月10日のせやねん!で放送された阪神富良野座キャンプ情報の中から、好調の大山選手ロサリオ選手についてと糸井選手秋山投手の生の声も紹介されたことから

  • 阪神富良野座キャンプ情報2月10日せやねんから|大山ロサリオはやる!
  • 阪神富良野座キャンプ情報2月10日せやねんから|糸井選手に狩野とトミーズ雅が直撃
  • 阪神富良野座キャンプ情報2月10日せやねんから|秋山投手に雅さんがインタビュー

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

阪神富良野座キャンプ情報2月10日せやねんから|大山ロサリオはやる!

阪神富良野座キャンプ情報2月10日せやねんから

今年はスタメンどころかクリーンアップの一角を担うと期待されている大山選手は依然好調をキープ。

先日の紅白戦でも猛打賞の活躍で昨年よりもより一層打撃に磨きがかかっていそうです。

大山選手は良く居る打撃だけの選手では無くその守備においても器用でセカンドの練習などもしているのでファーストサードにセカンドも含め出場機会に悩まされることも無さそうですね。

そして新外国人助っ人のウイリアム・ロサリオ選手は、鋭い打球でけた外れの170メートル弾を球場の外の道路まで飛ばすパフォーマンスを見せ、そのパワーをアピール。

大山、ロサリオ、中谷とこの3人でクリーンアップを組めて1番に糸井を置け、6番に福留を置けたら本当に怖い打線になりそうですね。

阪神富良野座キャンプ情報2月10日せやねんから|糸井選手に狩野とトミーズ雅が直撃

阪神富良野座キャンプ情報2月10日せやねんから

トミーズ雅さん&狩野さんと糸井選手の会談

雅さんは糸井選手を見つけると、

「モンスターが来た!」

と冗談で挨拶を交わしながら近づいて行き、対する糸井選手も

「俺はHOTだ!」

と笑顔で登場。

雅さんも、そんなに筋トレして何になりたいの?との質問をしたくなるほどヨロイのような筋肉の糸井選手。

そんな雅さんの質問に糸井選手は、

笑顔で【スーパーサイヤ人】と答えてくれました(笑)

去年は、114試合に出場して290の成績に、糸井選手はご自身で、カスみたいな成績と全く納得していない口調でした。

番組でも昨年では7回お立ち台に立つと約束されていたのに6回だったと雅さんに言われ、雅さんが約束を破った糸井選手から無理やりサイン入りバットをもらってきて視聴者プレゼントとされました。

今年は糸井選手も俄然やる気に火がついているご様子で、タイトルを取ると仰って下さり雅さんも頑張れ!とエールを送っておられました。

阪神富良野座キャンプ情報2月10日せやねんから|秋山投手に雅さんがインタビュー

阪神富良野座キャンプ情報2月10日せやねんから

昨年は12勝を挙げた秋山投手に、雅さんが嬉しかったかとの質問。

秋山投手も、自分でもそこまで勝てるとは思っていなかったとの事で、次もっと頑張らなければという気持ちが強くなっているとの事。

昨年は何が良かったのか?

秋山選手:真っすぐが良かったので変化球も生きた。バッターの反応、表情がわかるようになった。

去年はキャンプの時がピークだった。いつもキャンプの時のような球を投げたいと思いながら1年間投げていたように思うので、今年はピークをずらしたい。

2月からオープン戦はアピールの時期でもある。自分は8年間アピールをし続けて来た立場。

昨年は巨人戦は全試合菅野投手が相手だった。初めて菅野投手と投げ合う日の前日は、寝れなかった。それを投げ勝てたのが凄く大きかった。菅野投手に当ててくれたので、自分の位置が上がったと思う事ができたので感謝している。

今年の目標は13勝以上することと180イニング以上投げる事。

藪さん解説:左足への体重移動が出来ているので心配はない。今年もやってくれるでしょう!オープン戦で無理してアピールしなくても絶対使ってもらえる。去年の実績があるので。頑張れ!

以上が2月10日のせやねんの阪神富良野座キャンプ情報でした。

今年は、ロサリオ選手大山選手に糸井選手秋山投手も皆がやってくれそうな気がします!

頼みますよ~!!!

この記事でのご紹介は以上になります。

最後まで記事をご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする