るろうに剣心北海道編第二十一幕ネタバレ!(21話)|逞しくなった弥彦登場!

Pocket

るろうに剣心北海道編第二十一幕ネタバレ!(21話)|第三の実験戦闘へ

るろうに剣心北海道編第二十一幕ネタバレ!(21話)についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、ジャンプスクエア最新1月号に掲載されていた、るろうに剣心北海道編第二十一幕の内容に感想をネタバレも含みますが、

  • るろうに剣心北海道編第二十一幕ネタバレ!(21話)|神谷活心流道場にて
  • るろうに剣心北海道編第二十一幕ネタバレ!(21話)|剣路のいたずら
  • るろうに剣心北海道編第二十一幕ネタバレ!(21話)|3チームに

以上の項目に沿ってご紹介させて頂いております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

るろうに剣心北海道編第二十一幕ネタバレ!(21話)|神谷活心流道場にて

るろうに剣心北海道編第二十一幕は、東京の神谷活心流道場から始まりました。

神谷活心流道場は、以前は弥彦しかいなかった門下生も今や門下五剣と自称する者たちもあらわれるほど活性しているようで、赤べこの燕ちゃんも道場に住み着いているようですが、弥彦とはやはり良い仲になっているのでしょうか?

そして登場した弥彦。

随分と逞しくしかもかなり男前になっていた弥彦は、薫からの近況報告の手紙を受け取りました。

一方北海道では、斎藤一と永倉新八が、明治政府にあげた報告書を前に、政府から人員も資金も回せる余裕がないとの報告を受け現状の戦力で剣客兵器をなんとかしなければいけないという会話をしていました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする