関東学生対校選手権陸上男子100メートル |桐生祥秀選手が10秒24で圧勝!


関東学生対校選手権陸上男子100メートル |9秒台に最も近い男!

関東学生対校選手権陸上男子100メートル 桐生祥秀選手10秒24

関東学生対校選手権陸上男子100メートル 桐生祥秀選手が10秒24で圧勝についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では関東学生対校選手権陸上男子100メートルの内容と感想から

  • 関東学生対校選手権陸上男子100メートル|準決勝では10秒15!
  • 陸上男子100メートル|これからをどう過ごすか?
  • 陸上男子100メートル|四選手のベスト記録
  • 陸上男子100メートル|最後に

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関東学生対校選手権陸上男子100メートル|準決勝では10秒15!

関東学生対校選手権陸上男子100メートル 桐生祥秀選手10秒24

陸上男子100メートル 桐生祥秀選手、関東学生対校選手権を10秒24で圧勝!

 
日本人初の100メートル9秒台に最も近い男『桐生祥秀』選手が26日に行われた関東学生対校選手権男子100メートル決勝で向かい風0.5メートルの中、10秒24で圧勝した。
 
 

準決勝では10秒15!

今季、のっけから10秒0台を連発して好調の桐生選手。
 
その安定感は9秒台に最も近い男と言って絶対に過言ではないかと思います。
 
今回は準決勝、追い風1.8メートルと絶好の条件の中10秒15という、桐生選手としてはまずまずと思われるタイムをマークした。
 
上海では自身初のフライング⇨失格という経験をしてしまいましたが、特に引きずっているという気配もなく、好調は続いているようです。
 

陸上男子100メートル|これからをどう過ごすか?

関東学生対校選手権陸上男子100メートル 桐生祥秀選手10秒24

 

『これから』をどう過ごすか?

桐生選手の過去の成績を見てみると、春先に好タイムを連発し、その後低迷気味になっているように見えます。
 
8月にロンドンで行われる世界陸上が今季最大の目標であるはずですが、その前に控えている大一番が『日本選手権』ですな。

ここにはライバルである山縣亮太選手、ケンブリッジ飛鳥選手、サニブラウン選手が顔を揃えてくるでしょう。

勝負にこだわる桐生選手はここは絶対に勝ちたいでしょうから、一度ここにピークを合わせてくるかも知れません。

山縣、ケンブリッジ、サニブラウンの三選手も同じ思いでしょうから、同様にピークを持ってくるでしょうね。

なら、ここで日本短距離界の悲願『9秒台』が実現される可能性が非常に高いかと思われます。
 


陸上男子100メートル|四選手のベスト記録

関東学生対校選手権陸上男子100メートル 桐生祥秀選手10秒24

 

四選手のベスト記録

まず桐生選手が10秒01、山縣選手が10秒03、ケンブリッジ選手が10秒10、サニブラウン選手が10秒18。
 
今季は桐生選手の10秒04を筆頭に桐生選手と山縣選手で10秒0台を量産。

サニブラウン選手は自己ベスト更新、ケンブリッジ選手は追い風5.1メートルの参考記録ながは9秒98をマークしています。

因みに、桐生選手も過去に追い風3.3メートルの参考記録となりましたが、9秒87という破格のタイムをマークしています。
 
桐生選手は身体がかなり頑丈なのか、レースの出場数が他の選手より多いような気がします。
 
高校卒業まで陸上短距離をやっていた私が見聴きした素人の俗説、または都市伝説のようなものですが、『サボリバネ』という概念があります。

練習を一週間ほどサボったり、レースの出場を控えてみたりします。

それで久々に全力で走るとビックリするようなタイムが出たりするというやつです。
 
『アイツ、サボってバネ溜めてやがった!』
 
なんて使われ方をします(笑)
 
超一流選手が練習をサボるなんて事はあり得ないですが、少し別のことをして、心身ともにリフレッシュされた状態でレースに臨む事は少なからずよい刺激になる事かと、私は思います。
 
日本選手権あたりまで出場を控えてバネを溜めてみるのも面白いのでしょうか?
 

陸上男子100メートル|最後に

関東学生対校選手権陸上男子100メートル 桐生祥秀選手10秒24

 

まとめ

今回は勝ちにこだわった感のある桐生選手。
 
今年の日本選手権は6月23日から25日に行われ、場所がなんと、なんと大阪のヤンマースタジアム長居!
 
見にいける!

見にいけるじゃありませんか!
 
甲塚の地元大阪で行われるのれば、見にいくしかないじゃないですか!
 
桐生選手達に会えるのを、9秒台が出るのを楽しみにしておりますぞ!
 
この記事でご紹介させて頂く内容は以上になります。
 
最後までお読み頂き、誠にありがとうございました!
 
【その他の陸上競技関連記事】