男子フィギュア結果からフェルナンデス選手のインタビューの感想|素晴らしい選手


男子フィギュア結果からフェルナンデス選手のインタビューの感想|真のスポーツマン!

男子フィギュア結果からフェルナンデス選手のインタビューの感想

男子フィギュア結果からフェルナンデス選手のインタビューの感想についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では2月17日に行われた男子フィギュアスケートFSで羽生選手と宇野選手としのぎを削り銅メダルに輝いたフェルナンデス選手のインタビューから真のスポーツマンシップを感じた事から

  • 男子フィギュア結果からフェルナンデス選手のインタビューの感想|試合後
  • 男子フィギュア結果からフェルナンデス選手のインタビューの感想|真のスポーツマンシップ
  • 男子フィギュア結果からフェルナンデス選手のインタビューの感想|最後に

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

男子フィギュア結果からフェルナンデス選手のインタビューの感想|試合後

男子フィギュア結果からフェルナンデス選手のインタビューの感想

男子フィギュア、銅のフェルナンデス選手の試合後のインタビュー感想~真のスポーツマンシップを見た~

平昌五輪男子フィギュアは羽生結弦選手が金メダル、宇野昌磨選手が銀メダルという、日本としては最高の結果となった。

初出場ながら銀メダルを獲得した宇野選手も立派だが、靭帯損傷という重傷を乗り越えて金メダルを獲得した羽生選手は日本人として本当に誇りに思います。

しかし、私は銅メダルのフェルナンデス選手にも最大の祝福を送りたいと思う。

彼は、本当に素晴らしいスポーツマンシップを持ったアスリートだと感じたからです。

試合後のインタビュー

試合後のインタビューで、インタビュアーの松岡修造氏が銅メダルを獲得したフェルナンデス選手を祝福すると共に、こんな質問を投げかけた。

『羽生選手の演技をどのように見ましたか?』

日本人としては、戦った外国の選手が羽生選手の演技をどのように見て、どのように感じたかは非常に気になる事かもしれない。

しかし、私はこの質問はあまりよくない質問であると感じた。

銅メダル獲得は祝福されるべき事であるが、彼は勝負には敗れたわけで、悔しさが全くないわけがないと思う。

そこに、勝者への賛辞を望まれる質問を投げかけるわけであるから、受け取り方によっては失礼に当たると考えたからだ。

こんな事を感じるのはわたしだけかも知れないが、私はそう感じた。

しかしフェルナンデス選手は顔色一つ変えず、怪我を乗り越えた羽生選手のメンタルの強さを讃えると共に、

『誇りに思う』

とまで語ってくれたのだ。

男子フィギュア結果からフェルナンデス選手のインタビューの感想|真のスポーツマンシップ

男子フィギュア結果からフェルナンデス選手のインタビューの感想

真のスポーツマンシップ

フェルナンデス選手の

『誇りに思う』

という言葉は私の胸に突き刺さった。

私は、この言葉をこのように解釈した。

『羽生選手等日本人選手のみならず、全ての選手は常人には想像できないくらいの苦しみを乗り越えて五輪の場に集い、今そこで自分の持てる全ての力を出し切って戦い、各々がそのパフォーマンスに見あった結果を出した。

それは理屈ではなく、それ自体が素晴らしい事である。

自分も今持てる力を出し切り、最高のパフォーマンスを持って銅メダルを獲得した。

それを上回るパフォーマンスで金メダルを獲得した羽生選手は更に素晴らしい。

だから、誇りに思う。』

これこそが本当のスポーツマンシップであると思う。

男子フィギュアという一つのスポーツに全魂を燃やして向き合い、戦い切る事は1人の人間として最高に誇らしい事なのだ。

そこに勝敗や記録の優越は無い。

スポーツなど、一つの物事に対して打ち込む事ができる事は幸せであり、それを支えてくれる周囲の人間に最高の感謝し、更に、同じような境遇にある他の選手達も含め、男子フィギュアという一つの世界、それそのものを誇りだと感じる…

これをスポーツマンシップと呼ばずして、何をスポーツマンシップと呼ぶのか?

私は、フェルナンデス選手の言葉に、深い感銘を受けました。

男子フィギュア結果からフェルナンデス選手のインタビューの感想|最後に

男子フィギュア結果からフェルナンデス選手のインタビューの感想

まとめ

フェルナンデス選手の言葉の根底には、周囲への深い感謝があると感じる。

彼は26歳で、今回が最後の五輪だと語っておられたが、それは競技者として引退も近いという意味であろう。

プロの道に進むのか、あるいは指導者としての道に進むのかはわからないが、彼の素晴らしいスポーツマンシップを継承する選手の登場を期待したい。

開催当初は政治色の強い五輪という報道がほとんどだったが、今はその報道が弱くなっている。

フェルナンデス選手のような真のスポーツマンシップは世界の様々な問題わ解決する一つの糸口になり得ると思う。

スポーツは政治を超えるのだと、私は信じたい。

この記事でのご紹介は以上になります。

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました!

その他の平昌五輪関連記事

フィギュアスケート男子シングルFS羽生フェルナンデス宇野のメダル争い結果は?|日本ワンツー金銀獲得!

平昌オリンピックキャスターのギャラベスト10|せやねん2月10日放送から