得する人損する人に出演されたディーン・フジオカさんについて


得する人損する人に出演されたディーン・フジオカさんについて

得する人損する人ディーンフジオカ

得する人損する人に出演されたディーンフジオカさんについてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では先日の得する人損する人に出演されたディーンフジオカさんについて

  • ディーン・フジオカさんとは?
  • 得する人損する人ディーンフジオカ|物事に対する拘り
  • 得する人損する人ディーンフジオカ|最後に

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ディーン・フジオカさんとは?

ディーン・フジオカさんとは? 得する人損する人ディーンフジオカ|物事に対する拘り 得する人損する人ディーンフジオカ

ディーン・フジオカさん、この人はいい意味で変わった人だ!(笑)
 
先日の『得する人損する人』に出演されたマルチ俳優ディーン・フジオカさん。
 
今や『得損』の目玉になった『得損ヒーローズ』の一人、『サイゲン大介』ことコンビ芸人『うしろシティの阿諏訪泰義』さんと味覚で対決されていました。

ベトナム料理のビーフフォーが好物であるディーン・フジオカさんに、高級な名店のビーフフォーとサイゲン大介が材料費410円で作ったビーフフォーを食してもらい、どちらが名店のビーフフォーであるか当ててもらうという内容でしたが、ビーフフォーに関しては『神の舌を持つ男』と言われるディーン・フジオカさんは見事それに正解しておられました。

その時の言動から、物事に対して強い拘りを持つ、いい意味で変わった人だなあと、甲塚は思いました(笑)
 

ディーン・フジオカさんとは?

1980年福島県生まれで、千葉県で育ったようです。
 
若い頃にジュノンスーパーボーイコンテストに出演され、最終選考まで残ったようですね。

俳優、ミュージシャン、モデル、映画監督の肩書きを持つマルチ俳優でありながら、日本語、英語、中国語、広東語、インドネシア語を操るマルチリンガルで、奥方はインドネシア出身の方だそうです。

更にキックボクシングや中国武術もこなす、まるでスーパーマンのような方ですな!
ビジュアルも、時代を問わない美形ですな。

どんな時代においてもイケメンで通りそうな顔立ちだと甲塚は思います。

甲塚はブレイクのキッカケとなった朝ドラ『あさが来た』の五代友厚役のハマりっぷりを見て、明治大正のロマン溢れる時代を描いた作品で最も輝きそうな気がします。

殿様役とかもお似合いになりそうな気がします。

なんにせよ、非常に高貴なお顔立ちであらせられると思います。
 
妥協を許さぬお人柄であるようで、興味が湧いた事は何事も追究
するタイプのようです。

『得損』を見て、それがビンビン伝わってきましたね!(笑)
 
 

得する人損する人ディーンフジオカ|物事に対する拘り

得する人損する人ディーンフジオカ

 

物事に対する拘り

物事に対する拘りが強い人の中には、自分の価値観を他人に押し付けてしまうタイプの人がいたりしますが、ディーン・フジオカさんの場合は『得損』での言動からそういうタイプではない事が伺えました。
 
自分の拘りはあくまで自分の価値観であって、それを他人に強要しないが、逆に干渉されたり否定されたくもない。

そして、その拘りに対しては努力を惜しまないというタイプだと感じました。

こういうタイプの方はディーン・フジオカさんのようにマルチな才能(あくまで努力された上での才能ですが)を世間に認められるタイプの方が多いように思います。

また、他人から尊敬を集めやすい方が多いですな。
 
女優の釈由美子さんも似たタイプかも知れません。

何かのテレビで見たのですが、スキーにハマった釈さんはその性格からみるみる上達し、周囲から『上手になったねえ』と言われたのに対し、『いや、あの人に比べたらまだまだです』と言いながらプロスキーヤーの方を指差されたそうです(笑)
 
ディーン・フジオカさんも釈さんと同タイプなんじゃないかと甲塚は思いました。
 

得する人損する人ディーンフジオカ|最後に

得する人損する人ディーンフジオカ

 

まとめ

ディーン・フジオカさん、甲塚はこの人好きです(笑)
 
世の中にはマルチに活躍される凄い人がたくさんいて、凡人である甲塚はテレビ等でそんな方々の活躍を見聞きして感心してしまうのみですが、そういう方々は物事に対して努力を惜しまれないんですよね。

他人が見ていないところで相当な努力をしている。

しかし、時間という物は万人平等でありますから、少ない時間で物事を体得するには尋常ならざる集中力が必要です。

ディーン・フジオカさんのような方は強い拘りを持つがゆえに優れた集中力を発揮しているのでしょう。
 
執着ではなく、『拘り』。
 
ディーン・フジオカさんからは『拘り』を持つ事の大切さを学ばせて頂きました!
 
この記事でご紹介させて頂く内容は以上になります。
 
最後までお読み頂き、誠にありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする