ピラミッドダービー感想|5月21日放送のハシビロコウの事について


ピラミッドダービー感想|珍獣ハシビロコウ

ピラミッドダービーハシビロコウ ピラミッドダービー感想珍獣ハシビロコウについてこの記事をご覧いただきありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事では5月21日放送のピラミッドダービーの感想から
  • ピラミッドダービー感想|珍獣『ハシビロコウ』とは?
  • ピラミッドダービー感想|凶悪な目つきとは裏腹に
  • ピラミッドダービー感想|顔で認識している?
以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピラミッドダービー感想|珍獣『ハシビロコウ』とは?

ピラミッドダービー感想ハシビロコウ

ピラミッドダービー

5月21日放送のハシビロコウの事について 『ピラミッドダービー』は、毎週日曜19時56分から20時54分枠でTBS系列で放送されているバラエティ番組。 ウエンツ瑛士さん、バナナマンの設楽さんがMCでTBSの江藤アナが進行、毎週色々な珍種目にタレントさんやスポーツ選手等が挑戦して、『できる』『できない』をクイズ方式で出題する番組です。 今回は7時からのスペシャル版で、『ドローンでテーブルクロス引きができるか?』『ラジコンカー30台に引っ張られて耐えられるか?』等のチャレンジが放送されていました。 私が今回最も印象に残ったのは珍獣『ハシビロコウ』についてのチャレンジでした。

珍獣『ハシビロコウ』とは?

ハシビロコウは、ペリカンの仲間の大型の鳥類で、最近話題になっている珍獣(笑) 脚が極端に細く、頭部が大きくクチバシは巨大と漫画の鳥のような体格で、その目つきは殺気を感じる程の鋭さ(笑) 更に、ほとんど動きませんが、主食にしている『肺魚』という魚を捕食する時にはビックリするくらいの瞬発力を見せます。 動物園等でお客さんが気をひこうとしてもほぼ無視されてしまうのですが、その個性的なビジュアルにより、人気は高い模様。 私も生で見た事があるのですが、本当に動きません。 しかも、あの目つきは尋常ではありません(笑) 私は目を合わせようとしましたが、耐えきれませんでした。

ピラミッドダービー感想|凶悪な目つきとは裏腹に

ピラミッドダービー感想ハシビロコウ

凶悪な目つきとは裏腹に

今回の放送でハシビロコウの意外な一面わ知りました。 ハシビロコウは愛情表現としてクチバシを鳴らしたり、人間のようにお辞儀するのですが、自分の世話をしてくれている飼育員さんに対してだけは、その愛情表現を行うのです! 飼育員さんは四人おられたのですが、その四人以外には一切その行動はしないそうです。 そこで、今回のチャレンジとなりました。

ピラミッドダービー感想|顔で認識している?

ピラミッドダービー感想ハシビロコウ

顔で認識している?

気になるのは、ハシビロコウは自分の世話をしてくれている飼育員さんと、そうでない人間をどうやって識別しているのか?という点です。 実験の結果、どうやら『顔』ではないかという事になり、出演してくれた飼育員さんの顔を3Dプリンターを使ってマスクにし、それを別の人間に被せてみてどうなるのか?というチャレンジを試み、クチバシを鳴らし、お辞儀も行うという結果が出ました。 更に、また全然体格の違う人間に同じマスクを被せてチャレンジしてみた結果、これにも愛情表現を見せました。 ハシビロコウは、『顔』で人間を識別している可能性が高いという事がわかり、相当知能が高いのではないかと、私は思いました。 あの尋常ではない鋭い目つきから想像がつきにくいですが、ハシビロコウはかなり律儀な性格の鳥なのでしょうね。 自分の世話をしてくれている飼育員さんには必ず行うようなので、感謝の心を忘れない非常に素晴らしい人格、いや鳥格を備えた種であるという事がわかり、親近感が湧くとともに、見習わされた思いがしました。

まとめ

毎回、楽しく勉強になるチャレンジを見せてくれる『ピラミッドダービー』。 また気になったチャレンジがあれば紹介させて頂きたいと思います! この記事が、皆様の娯楽の充実の為、少しでも参考になれたなら幸いでございます。 この記事でのご紹介は以上になります。 最後までお読み頂き、誠にありがとうございました!  
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする