上野動物園の赤ちゃんパンダ香香シャンシャンと命名|6月に生まれ無事成長しているみたいです


 

上野動物園の赤ちゃんパンダ香香シャンシャンと命名|応募総数過去最多!

上野動物園赤ちゃんパンダ香香シャンシャン命名

上野動物園の赤ちゃんパンダ香香シャンシャンと命名についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では9月25日の午後に上野動物園の赤ちゃんパンダが香香でシャンシャンと命名された事についてを

  • 上野動物園の赤ちゃんパンダ香香シャンシャンと命名|過去最多の32万件以上の応募数
  • 上野動物園の赤ちゃんパンダ香香シャンシャンと命名|もっと多かった名前は?
  • 上野動物園の赤ちゃんパンダ香香シャンシャンと命名|パンダ保護協会名誉会長黒柳徹子さんは?

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

上野動物園の赤ちゃんパンダ香香シャンシャンと命名|過去最多の32万件以上の応募数

上野動物園赤ちゃんパンダ香香シャンシャン命名

東京・上野動物園でことし6月に生まれたジャイアントパンダの赤ちゃんの名前が

「シャンシャン(香香)」

に決まり、9月25日午後、都が発表されました。

上野動物園で、ことし6月12日に生まれたメスのジャイアントパンダの名前について、東京都などは、寄せられた32万2000件あまりの名前の中から選考を進められました。

さらに、選考委員会によって8点に絞られた中から、中国と調整して東京都が検討した結果、パンダの名前は

「シャンシャン(香香)」

に決まりました。

シャンシャンが生まれてから今月20日がちょうど100日にあたり、上野動物園によりますと、中国ではこの時期まで育てば健康で丈夫だとされていて、世界の動物園で飼育されているパンダも100日前後に命名されるケースが多いということでこの時期の命名になったとの事。

名前は9月25日午後、都が発表されました。

パンダの名前は、インターネットや郵送、それに上野動物園などに設置した応募箱によって寄せられた、32万2581件の中から選ばれました。

上野動物園ではこれまでに4頭のジャイアントパンダの名前を募集で決めてきましたが、今回は昭和61年に生まれた

「トントン」

のおよそ27万3000件を上回り過去最多となっています。

上野動物園の赤ちゃんパンダ香香シャンシャンと命名|もっと多かった名前は?

上野動物園赤ちゃんパンダ香香シャンシャン命名

関係者によりますと、応募の多かった上位100件の中から、過去にあった名前や商標登録がされているものなどを除いて十数点に絞り、さらに日本パンダ保護協会名誉会長の黒柳徹子さんや上野動物園の園長など6人の委員による選考委員会の投票によって8点に絞りました。

そして、中国側と調整を行った上で小池知事にこれらの名前の案が示され、都として

「シャンシャン(香香)」

という名前を決定しました。

最も応募の多かった名前は
一般から応募があったパンダの名前のうち、最も多かったのは1万2154件の

「ルンルン」

でした。

このほか、上位5つまでを見ますと、

  • 「メイメイ」が1万1191件
  • 「ノンノン」が7854件
  • 「ミンミン」が6016件
  • 「テンテン」が5950件

となっていて、

いずれも同じ音を繰り返すものが人気を集めました。

東京都によりますと、これらは過去に別のパンダの名前に使われているなどとして、選定委員会の最終候補8点には残りませんでした。

そのうえで、最終候補に残ったのは、今回決まった「シャンシャン」のほかに、「レンレン」、「ヨウヨウ」、「マオマオ」、「シンリー」、「ルールー」、「シュウシュウ」、「リーシン」となっています。

シャンシャンと命名された赤ちゃんパンダの公開は果たしていつから行われるのでしょうか?

パンダの名前は節目となる生後100日を過ぎて、ようやく決まったものの、いつ、一般に公開されるかはまだ決まっていないみたいです。

上野動物園で過去に生まれた「トントン」と「ユウユウ」は、生まれてからおよそ半年で公開され、今回もこの時期が目安とされています。

関係者によりますと、生後半年となる今年の12月12日は平日となることから避け、その前後の週末や冬休みに入る年末が選択肢にあがっているということです。

一方、年末が繁忙期の「アメ横商店街」がある地元からは、年明けの落ち着いた時期に公開してほしいという声も出ています。

また、動物園の関係者が頭を悩ませているのが公開の方法で、園の正門に近いパンダ舎の周辺に大勢の来場者が詰めかけた場合、けがや転倒などの混乱も懸念されています。

東京都や上野動物園は、来場者の安全確保策を検討するとともに、パンダの成長などを見ながら公開日を決めることにしてるみたいですね。

上野動物園の赤ちゃんパンダ香香シャンシャンと命名|パンダ保護協会名誉会長黒柳徹子さんは?

上野動物園赤ちゃんパンダ香香シャンシャン命名


日本パンダ保護協会の名誉会長を務める女優の黒柳徹子さんは、自身のインスタグラムで、

「『シャンシャン』という音の響きは、今までのパンダの赤ちゃんの名前にはない、新鮮な感じがします。小さな子どもでも、覚えられるし、漢字にしても可愛いと思います。私は、とっても、気に入りました」

としたうえで、

「これからも、元気に、みんなから愛されるように、育ってほしいです。早く、会いたいなぁ~」

とコメントされていました。

殺伐としたニュースが多い昨今で、シャンシャンのニュースは本当に心が温まりますね。

この記事でのご紹介は以上となります。

最後まで記事をご覧いただきましてありがとうございました。

【その他の関連記事】

上野動物園のパンダシンシンが赤ちゃんパンダ出産|無事に成長してくれることを祈ります

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする