【ONEPIECE961話考察】山の神事件と黒駒の親分とヒョウ五郎|幕末の勤皇派の侠客がモデル?

【ONEPIECE961話考察】山の神事件と黒駒の親分とヒョウ五郎|幕末の勤皇派の侠客がモデル?

この記事ではワンピース961話で山の神とされる巨大猪をおでん様が撃破した事からこれが、おでん様やヒョウ五郎親分を失脚させるに至った黒駒の親分、そして関わっている可能性の高そうなオロチとの結託による陰謀の始まりだったのではないか?と甲塚が思う考察についてをご紹介しております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク