ONEPIECEのDの意思とはまつろわぬ民なのか?|ルフィ達の精神構造


スポンサーリンク
スポンサーリンク

ONEPIECEのDの意思とはまつろわぬ民なのか?|古代日本


ONEPIECEDの意思まつろわぬ民

まつろわぬ民

話は変わって、古代日本は小さな国々が乱立していました。

その中で大きな力を持ったのが今の日本の元となった大和朝廷ですね。

しかし、大和朝廷の支配を受け入れずに抵抗を続け、結果滅びた国家、民族が存在しました。

それが『土蜘蛛』に代表される大和朝廷が

『まつろわぬ民』

と呼んだ勢力です。

『まつろわぬ』とは『服従しない』という意味です。

これをONE PIECEと繋げて考えてみます。

ルフィ達は、相手が国家や他の海賊、また世界政府、相手が何者であろうとも、絶対に服従しません。

例え、世界中を敵に回したとて、それは変わらないでしょう。

『何者に対しても服従しない』

私はこの意思こそが、

『Dの意思』

だと考えています。


古代から続くDの意思


Dの意思は遥か古代から受け継がれてきたもののようです。

おそらく、その意思はいつの時代でも支配者に対し、服従しない勢力であったと思われます。

これは、支配者からすれば本当に忌々しい存在であり、恐怖の対象となります。

もし、被支配者達がその意思に感化され、被支配者が支配を意に介せず、服従しないようになればどうなるでしょう?

最早国家は国家として成立せず、世界に秩序など無くなってしまうでしょう。

秩序が無くなってしまえば、そこに残るのはまさに弱肉強食の厳しい世界。

そして、それはまた新たな支配者を生み出す土壌にもなります。

人間は欲望を持つ生き物ですので、人間の歴史はその繰り返しでしょうが、その先に辿り着くのが現在の世界。

これはONE PIECE世界、現実世界共通で、完全に争いは無くならないまでも、世界的視野で見ると比較的に『平和』。

現実世界では『経済力』と『軍事力』がモノをいい『核』が戦争の抑止力。

ONE PIECE世界でも『経済力』と『軍事力』がモノをいい、抑止力は『海賊』となるのでしょうか?

ONE PIECE世界では国家間の戦争より海賊という脅威に対しいかに国を守るかが重要であるようです。

『海賊』という存在が戦争の抑止力となっているのは、もしかすると世界政府の平和戦略の一つとなっているのかも知れません…

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする