ワンピース96巻考察シャンクスとバギーがロジャー海賊団に居る経緯|ゴッドバレーで拾われた子供?

Pocket

ワンピース96巻考察シャンクスとバギーがロジャー海賊団に居る経緯|それぞれの出生について

ワンピース96巻考察シャンクスとバギーがロジャー海賊団に居る経緯についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事ではワンピース96巻で少年のシャンクス、バギーとティーチがお互いを意識し合うシーンやロジャーとレイリーがモモの助と日和を抱くシーンから、
  • ワンピース96巻考察シャンクスとバギーがロジャー海賊団に居る経緯|ゴッドバレー事件
  • ワンピース96巻考察シャンクスとバギーがロジャー海賊団に居る経緯|赤ん坊なんか久しぶりだ
  • ワンピース96巻考察シャンクスとバギーがロジャー海賊団に居る経緯|3人の出生について
以上の項目に沿ってご紹介しております。
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ワンピース96巻考察シャンクスとバギーがロジャー海賊団に居る経緯|ゴッドバレー事件

 

シャンクスとバギーはロジャーにゴッドバレーで拾われた子供?〜ロジャー海賊団に昔からいた存在〜

 
ONE PIECE最新 96巻の第 966話にて、まだ少年のシャンクス、バギーとティーチがお互いを意識し合うシーンがあります。
 
また同じく 966話には、ロジャーとレイリーがモモの助と日和を抱いて
 
『赤ん坊なんて久しぶりだ』
 
というシーンがあります。
 
すでに別記事にて取り上げている内容ですが、今回はそれらの情報を繋げて妄想たっぷりに掘り下げて考えてみたいと思います。
 

ゴッドバレー事件

ゴッドバレー事件は、38年前に今は失われて地図からも消されている『ゴッドバレー島』を舞台に最強にして最恐であり最凶のロックス海賊団とガープ中将率いる海軍&ロジャー海賊団が激しい戦いをの事ですな…
 
ロックス海賊団はなんらかの理由でゴッドバレー島を訪れていた天竜人とその奴隷を狙い、またガープとロジャーはその天竜人と奴隷達を守る為に手を組んだようです。
 
これを語ったセンゴクは『奴隷達』を強調していたように見えますが、ガープとロジャーは天竜人よりもその奴隷を守る為に手を組み、天竜人を守ったのは、そのついでだったように感じられます。
 
ガープとロジャーにとっては、天竜人の命よりも奴隷達の命の方が優先度が高かったのかも知れない…
 
ガープはのちに大嫌いな天竜人を守った事と海賊と手を組んだ事を恥じ、後悔するところもあり、英雄視されるのを嫌っていたようですので、やはり目的は奴隷を守る事にあったのかと思えます。
 
もしかしたら、天竜人はロックス海賊団から自分の命を守る為に奴隷達を盾に使ったのかも知れない…
 
ガープとロジャーは単に天竜人が襲われただけなら無視したのかも知れませんが、奴隷を見捨てる事は出来なかった…
 
そして、このゴッドバレー事件の前後に、シャンクス、バギー、ティーチは生まれているわけです。