【ONEPIECE976話考察】河松VSカン十郎|魚人ミンク黒炭への迫害について

Pocket

【ONEPIECE976話考察】河松VSカン十郎|理解し難い者への恐怖は凶行に繋がる?

【ONEPIECE976話考察】河松VSカン十郎についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事ではワンピース976話で刃を交えた河松VSカン十郎からワノ国での魚人、ミンク族、黒炭への迫害についての考察を、
  • 【ONEPIECE976話考察】河松VSカン十郎|河松VSカン十郎
  • 【ONEPIECE976話考察】河松VSカン十郎|ワノ国での迫害
  • 【ONEPIECE976話考察】河松VSカン十郎|カン十郎は心を閉ざしているだけ…?
以上の項目に沿ってご紹介しております。
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ONEPIECE976話考察】河松VSカン十郎|河松VSカン十郎

 

河松VSカン十郎から魚人、ミンク、黒炭への迫害について考える〜理解し難い者への恐怖は凶行に繋がる?〜

ONE PIECE 976話では、同じ赤鞘メンバーだった河松とカン十郎の戦闘が描かれました。
 
今回はそれについて甲塚が感じた事を色々と書かせて頂きます。
 

河松VSカン十郎

 976話、カン十郎によって拉致されたモモの助を救う為、河松は単身カン十郎に戦いを挑みました。
 
結果、カン十郎は描いた鶴の背中に乗り空中へ逃れた為、河松は手も足も出せず決着がつかなかったわけですが、よく考えてみれば、二人共にワノ国の民衆から迫害を受けた経験を持っている…
 
また、同じくおでん様に恩を受け家臣となっていた経験も同じ…
 
カン十郎はそれを『演技だった』としているわけですが、同じ経験をしている二人の立場が全く正反対になったのは非常に気になります…
 
それだけカン十郎の心の闇が深かったというだけかもしれませんが、ちょっと深く考えてみたいと思います。