【ONEPIECE976話以降考察】ローとしのぶの和解|ハートの海賊団加入の可能性?

Pocket

 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ONEPIECE976話以降考察】ローとしのぶの和解|和解チャンス到来!

 

和解チャンス到来!

今、常影港にて背反する二人は場所を同じくしている。
 
これは絶好の『和解チャンス』だと言えるでしょう。
 
おあつらえ向けと言ってはなんですが、しのぶは今カン十郎に囚われています。
 
このシチュエーション…
 
ローの男が試されていると甲塚はみます!
 
もしローが自らの意思でしのぶを助けたりするなら、ただでさえ多いだろう女性ファンを更に増やし、またその愛情も更に深まるであろう事請け合い!
 
しかもそれだけではない!
 
ローとしのぶの口論を間近で目撃している麦わらのクルー達からの評価もだだ上がりとなるであろう事もまた請け合いです!
 
ローはしのぶを助けるべきであると甲塚は声を大にして叫びたい!
 
『おい甲塚屋!何でおれがそんな事しなきゃならない!?』
 
とか言われそうですが、甲塚屋はすかさず返します。
 
『いや待ちなさいよキャプテン・トラファルガー…あんたも最初はコラさんに滅茶苦茶言ったりしてたじゃないの…腹刺しても許してくれたじゃないの?ね?見習いなさいよコラさんを…?』
 
ローが『コラさんイズム』を継承しているのならば、今やるべき事は一つのはず!
 
 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする