【ONEPIECE973話内容と考察】狂死郎+丑三つ小僧=傳ジロー|トキ様が800年前から来た目的

Pocket

【ONEPIECE973話内容と考察】狂死郎+丑三つ小僧=傳ジロー|盛り沢山な味わいある一話

【ONEPIECE973話内容と考察】狂死郎+丑三つ小僧=傳ジローについてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事ではワンピース973話の内容に考察を、

  • 【ONEPIECE973話内容と考察】狂死郎+丑三つ小僧=傳ジロー|理想的な父親、おでん城
  • 【ONEPIECE973話内容と考察】狂死郎+丑三つ小僧=傳ジロー|赤鞘、決死行!
  • 【ONEPIECE973話内容と考察】狂死郎+丑三つ小僧=傳ジロー|カイドウとモモの助

以上の項目に沿ってご紹介させて頂いております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

【ONEPIECE973話内容と考察】狂死郎+丑三つ小僧=傳ジロー|理想的な父親、おでん城

狂死郎+丑三つ小僧=傳ジローだった!トキ様は800年前から誰かを求めてきた?

ONE PIECE 973話は非常に盛り沢山な内容!
 
おでん城炎上!
 
傳ジローの怒りと別人への変身!
 
トキ様の過去についても!
 
今回は 973話の内容とそれについて妄想たっぷりに色々と書かせて頂きます!
 

理想的な父親、おでん城

973話はオーロジャクソン号で航海していた時分の光月一家とロジャー達の様子から始まります。
 
空島から帰還するところでしょうか?
 
タコバルーンによって地上に降りていく船内にて、おでん様はモモの助を超高空『にて高い高い』!(笑)
 
世界一高い『高い高い』を持ってしても見渡せぬほどに世界は広いのだと、おでん様はモモに教えます。
 
また、好みの女性のタイプを聞いたり、剣術を教えたりもします。
 
その独特の教育をレイリーに突っ込まれたりしていましたが、モモの助は父親といるといつも笑顔ですな!
 
また、帰国してからは日和との触れ合いが描かれいますが…
 
日和が三味線で弾いている曲をおでん様が気に入り、日和はその曲を『月姫』だとおしえ、おでん様は自分が死んだら葬式で弾いてくれと冗談を言いますが、真に受けた日和が大泣きして、おでん様さあたふたするのですが、気になるのは『月姫』という曲名ですな…
 
この『月姫』がトキ様と日和、それに火祭りに絡んできそうな気がします。
 
覚えておかねばならないかも…?