ONEPIECE第907話のミョスガルド聖の行動の考察|ドンキホーテ一族は天竜人の異端?


ONEPIECE第907話のミョスガルド聖の行動の考察|オトヒメとの関連性は?


ONEPIECE第907話ミョスガルド聖

ONEPIECE第907話のミョスガルド聖の行動の考察についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事ではONEPIECE第907話に再登場しフルネームがドンキホーテ・ミュスガルトであることがわかったミュスガルト聖についての深堀り考察を

  • ONEPIECE第907話のミョスガルド聖の行動の考察|天竜人ミョスガルド聖
  • ONEPIECE第907話のミョスガルド聖の行動の考察|人間、ミョスガルド
  • ONEPIECE第907話のミョスガルド聖の行動の考察|ドンキホーテ一族は異端?

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ONEPIECE第907話のミョスガルド聖の行動の考察|天竜人ミョスガルド聖



ONEPIECE第907話ミョスガルド聖

ONE PIECE、第907話のミョスガルド聖についての考察~ドンキホーテ一族は天竜人の異端?~

『ロックス』

『シャンクスと五老星』

など、第907話はかなり印象的なエピソードになりましたが、忘れてならないのが天竜人ミョスガルド聖の再登場。

魚人島のオトヒメ王妃のエピソードに登場し、再登場の可能性はかなり高いと思われましたが、晴れて、ようやく再登場となりました。

今回は彼について考察してみたいと思います。

天竜人ミョスガルド聖

ミョスガルド聖は10年前に魚人島に現れた天竜人。

それ以前に聖地マリージョアで起こったフィッシャー・タイガーによる奴隷解放事件により失った奴隷を取り戻す為に魚人島を目指したが、道中おそらく海王類に襲われたか何かで、ミョスガルド聖一人生き残り、命からがら魚人島に辿り着いた。

魚人島に着くなり、拳銃で威嚇しながら高圧的な態度で自分の命を助けるように魚人達に命令するが、かつて奴隷にされていた魚人達が、深海一万メートルの魚人島なら真実を闇に葬れるとして、瀕死のミョスガルド聖に殺意を向ける。

それを見守る群衆も、それに協力するような雰囲気になった。

しかし、そこをオトヒメ王妃に救われる。

その際、しらほし姫の古代兵器ポセイドンとしての『力』の発言を目撃している。

ミョスガルド聖は魚人のイシアラディンの治療を受けて命を取り留め、マリージョアに帰還する事になるが、オトヒメ王妃との一週間にわたる会談の末、その説得に応じ、世界会議でも通用する魚人擁護の内容を認めた書状を残してマリージョアに帰還した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする