【ONEPIECE971あらすじと感想】バカ殿化の真実をしのぶが語る|伝説の一時間の真相!

Pocket

【ONEPIECE971あらすじと感想】バカ殿化の真実をしのぶが語る|涙なくしては読めない一話

【ONEPIECE971あらすじと感想】バカ殿化の真実をしのぶが語るについてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、ワンピース971話のあらすじから感想をネタバレも含みますが、

  • 【ONEPIECE971あらすじと感想】バカ殿化の真実をしのぶが語る|九里に残りし者達
  • 【ONEPIECE971あらすじと感想】バカ殿化の真実をしのぶが語る|釜茹での刑執行!伝説の一時間!
  • 【ONEPIECE971あらすじと感想】バカ殿化の真実をしのぶが語る|豪傑と書いておでんと読む!

以上の項目に沿ってご紹介させて頂いております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ONEPIECE971あらすじと感想】バカ殿化の真実をしのぶが語る|九里に残りし者達

オロチとバカ殿化の真実をしのぶが激白!壮絶な極まりない伝説の一時間!

ONE PIECE 971話は本当に、本当にムカッ腹が立ち、涙なくしては読めないような内容になっています!
 
サブタイトルは
 
『釜茹での刑』…!
 
今回はそれについて妄想たっぷりにあれやこれや色々と書かせて頂きます!
 

九里に残りし者達

おでん様が釜茹での刑に処せられる日…
 
トキ様、モモ、日和は九里にいました。
 
正当なる将軍家光月の血を引く者は命を狙われている状況の中、やはりおでん城が1番安全なのでしょう。
 
食事にも毒を盛られる可能性がある為、スキヤキ様の側近だった眼鏡パーマの侍が毒味をしています。
 
トキ様は気丈な様子で日和はまだ今日父親が処刑されてしまうという状況が理解できていないようですが、モモは理解できる歳であり、涙を堪え切れませんでした…
 
わずか8歳の子供に、尊敬する大好きな父親が自分の国をめちゃくちゃにしている悪者に殺されてしまうという事実を受け止めきれるわけがない…
 
また、それに対して自分は何もできないのです!
 
光月の血を絶やさぬ為、ワノ国の未来を切り開く為、一緒に死ぬ事すら許されないのです!
 
モモの助はお坊ちゃんではない!
 
凄いやつですよ、こいつは!
 
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする