ONEPIECE第907話で出てきたロックスとは?|ビッグマム、カイドウと関わりが深い?


ONEPIECE第907話で出てきたロックスとは?|史上最大の敵は宇宙海賊か?


ワンピース907話ネタバレシャンクス五老星

ONEPIECE第907話で出てきたロックスとは?についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事ではワンピース第907話で出てきた、ガープを始めとする海軍たちの会話に出てきた、ロックスなるワードの考察を少し深堀りしつつ

  • ONEPIECE第907話で出てきたロックスとは?|ロックス海賊団?
  • ONEPIECE第907話で出てきたロックスとは?|ガープが海軍の英雄と呼ばれる原因となった
  • ONEPIECE第907話で出てきたロックスとは?|現在船長不在ながら、その力は増している

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ONEPIECE第907話で出てきたロックスとは?|ロックス海賊団?


ワンピース907話ネタバレシャンクス五老星

ONE PIECE、第907話のロックスについての考察~史上最大の敵の正体か?~

『ONE PIECE』の作者である尾田栄一郎先生は2018年にONEPIECE作中で起こるイベントについてメッセージを書かれた際、

『史上最大の敵が現れる』

という内容を語られていました。

そして、907話で

『ロジャー時代の前に最強だった』

という『ロックス』と呼ばれる存在が登場してきました。

史上最大の敵とは、この『ロックス』を指すのでしょうか?

今回はその『ロックス』について考察してみたいと思います。

ロックス海賊団?

907話のガープを中心とする海軍将校達の会話の中に登場した『ロックス』。

その会話の中での情報は以下の通り。

・ビッグマム、カイドウと関わりが深い

・ガープが海軍の英雄と呼ばれる原因となった

・ロジャー時代より前には最強だった

・現在船長不在ながら、その力は増している

・復活はしていない

以下より、それぞれについて考察してみたいと思います。

ビッグマム、カイドウと関わりが深い

907話冒頭のカイドウとビッグマムのやり取りを傍受した情報を受けての海軍将校達の会話から、カイドウとビッグマムといえば『ロックス』と繋がったところから、『ロックス』がビッグマム、カイドウと関わりが深い事が伺えます。

ビッグマムはカイドウに

『若い頃みたいに仲良くいこうや』

『大きな貸しがある』

なんて事を言っていました。

という事は、この二人自体が関わりが深かったのでしょう。

しかし、ビッグマムとカイドウは現在『四皇』と呼ばれるほどの大海賊であり、各々協力体勢もなく、独立しています。

また、二人は白ひげと変わらない年齢だと思われますので、ロジャー以前の40年前には海賊として名を挙げてはいたはずです。

まとめて考えるに…

二人は件の『ロックス』、いや『ロックス海賊団』の傘下の海賊だったのではないでしょうか?

『ロックス海賊団』のクルーではなく、あくまで独立していながら、その傘下にあった。

今のルフィ傘下のバルトロメオやハイルディンのように…

しかし、まだ今ほどの力は無かったと考えたとしても、この二人を抑えて最強の名を欲しいままにしていた『ロックス海賊団』とは、どれほど強かったのでしょうか…?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする