ONEPIECE第89巻のルフィ対カタクリの感想と考察|本気で向き合うという事


スポンサーリンク
スポンサーリンク

ONEPIECE第89巻のルフィ対カタクリの感想と考察|逃げたら、成長がない

ONEPIECE第89巻ルフィ対カタクリ感想考察

逃げたら、成長がない

ルフィは2年前のシャボンディ諸島の後、インペルダウンから頂上戦争、そしてレイリーに師事したあの修行期間を経て見違えるほどに強くなりました。

カタクリの存在は、それを踏まえて成長した自分の本当の意味での試金石であり、絶対に乗り越えねばならない壁だったのだと思います。

2年前は、その実力差を悟り逃げる事に徹しましたが、あの時を上回るほどの実力差を見せつけられて尚、今度は絶対に逃げないと決めたのでしょう。

ルフィにとっては、大きな賭けであったかと思われます。

人間には、どんなに辛く厳しく、逃げ出したくなる時があります。

しかし、それから逃げたら、それ以上はないと言えます。

逃げようと思えば、逃げきれたはずですが、ここで逃げるなら海賊王やワンピースを手に入れる事など夢のまた夢のようなものです。

そんな思いから、ルフィは明らかな実力差を感じながらも、カタクリに挑んだのでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする