【ONEPIECE966話考察】シャンクス、ティーチ、バギーについて|未来の激突を予感する!?

Pocket

【ONEPIECE966話考察】シャンクス、ティーチ、バギーについて|少年時代の大物達

【ONEPIECE966話考察】シャンクス、ティーチ、バギーについてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、ワンピース966話で絡みのあったシャンクス、バギー、ティーチについての考察を、

  • 【ONEPIECE966話考察】シャンクス、ティーチ、バギーについて|バギーはロックスの息子?
  • 【ONEPIECE966話考察】シャンクス、ティーチ、バギーについて|人の倍の人生を生きるティーチ少年!
  • 【ONEPIECE966話考察】シャンクス、ティーチ、バギーについて|少年海賊達の出会い

以上の項目に沿ってご紹介させて頂いております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ONEPIECE966話考察】シャンクス、ティーチ、バギーについて|バギーはロックスの息子?

シャンクス、ティーチ、バギーについての考察を〜少年海賊達、未来の激突を予感する!?〜

ONE PIECE 966話では未来の大物になる少年海賊達が運命的な遭遇を果たしました!
 
今回はそれについて妄想たっぷりに色々と考察してみたいと思います!
 

バギーはロックスの息子?

二人はまだ見習いのようで戦闘には直接参加していないようですな。
 
当たり前か(笑)
 
マルコによれば二人とも昔からロジャー海賊団にいたようです。
 
シャンクスについてはゴッドバレー事件の天竜人にからんで色々と書いていますので、今回はバギーにスポットを当てたいと思います。
 
シャンクスとバギーは年齢も同じ。
 
ちょうどゴッドバレー事件の時期に生まれいます。
 
甲塚的に、バギーはロックスの息子なんじゃないかと思うんですよね…
 
ティーチも可能性はあると思うんですが、バギーとロックスも似ていると感じるのです。
 
ロックスは『一つの儲け話』によって猛者達を集めてロックス海賊団を組織して世界の王になるべく活動していましたね。
 
これ、今のバギーの状態に繋がっていませんかね?
 
バギーは戦闘能力は低くても、持ち前の幸運。ハッタリや大物達との太いパイプによって弱小海賊から超大物と言えるまで成り上がり、配下は猛者揃い!
 
また、バギーもかなりのといか、実力と見合わない度を超えた野心家!(笑)
 
もしかしたらロックスもそんな人物だったのかも知れない!(笑)
 
今回、シャンクスとレイリーがモモの助と日和を抱いて『昔を思い出す』と口にしていましたが、それは赤ん坊のシャンクスとバギーの事だったんじゃないかと甲塚には思えます。
 
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする