【ONEPIECE965話】オロチが大名家出身らしい事についての考察|九里と黒炭家の闇

Pocket

【ONEPIECE965話】オロチが大名家出身らしい事についての考察|光月と霜月と黒炭

【ONEPIECE965話】オロチが大名家出身らしい事についての考察についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、ワンピース965話であの黒炭オロチでもともと大名家の出自であるような事が判明した事についての考察を、

  • 【ONEPIECE965話】オロチが大名家出身らしい事についての考察|黒炭家について
  • 【ONEPIECE965話】オロチが大名家出身らしい事についての考察|光月と霜月と黒炭
  • 【ONEPIECE965話】オロチが大名家出身らしい事についての考察|まとめ

以上の項目に沿ってご紹介させて頂いております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ONEPIECE965話】オロチが大名家出身らしい事についての考察|黒炭家について

オロチが大名家出身らしい事についての考察〜大名不在の九里と黒炭家の闇〜

ONE PIECE965話では黒炭オロチの過去が少し語られました!
 
どうやら大名家出身のように思えるのですが…
 
今回はそれについて妄想たっぷりに考察してみます!
 

黒炭家について

965話、ワノ国将軍スキヤキ様は危篤となり、次期将軍たる九里大名おでん様が帰国するまでその代理将軍としてオロチがついに将軍職につくようです。
 
オロチはその時に隠していた黒炭という姓を明かすようですが…
 
黒炭の姓を持つ事で代理とはいえ将軍職につく事ができるなら、黒炭家はやはり元々大名家だったと考えるのが妥当でしょう。
 
しかし、黒炭家はオロチの代には完全に没落していますな。
 
オロチは祖父が切腹で亡くなった事は知っていたようですが、若きオロチを導くような存在であるように見える謎の老婆は、黒炭は大名家の権力争いに敗れ、祖父は光月家に殺され、それが元で黒炭家は路頭に迷う事になったと教え、オロチに自分の言う通りにするなら将軍になる力を与えようと言います。
 
甲塚は過去に九里が大名不在で無法地帯になったのは、元々九里は黒炭家が大名として治めていたが、圧政により反乱が起こって黒炭家は倒されたが、民衆は権力を嫌いあたな大名を迎えることも、自分達の中から選出する事もしなかったためではないかと言う記事を書いていますが、オロチの祖父が切腹しているなら、そんな事情があったのかも知れない…
 
しかし、謎の老婆が怪し過ぎますな…
 
自らもボンクレーの前のマネマネの実の能力者であり、また別の悪魔の実を持っている…
 
取引では1つ1億ベリーになると言う悪魔の実をどうやって手に入れたのか?
 
もしかしたらこの老婆、この時点でカイドウと結託してワノ国を好きなようにするために黒炭の名とオロチを利用したのでは?
 
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする