【ワンピース963話内容と考察】赤鞘十人男勢揃い|花の都におでん様凱旋

Pocket

【ワンピース963話内容と考察】赤鞘十人男勢揃い|麦わら一味と被る!

【ワンピース963話内容と考察】赤鞘十人男勢揃いについてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、ワンピース963話で赤鞘十人男が勢ぞろいして、おでん様に率いられ花の都に凱旋した事についての考察を、

  • 【ワンピース963話内容と考察】赤鞘十人男勢揃い|威風堂々の赤鞘十人男
  • 【ワンピース963話内容と考察】赤鞘十人男勢揃い|錦えもん、大変身!結婚間近か!?
  • 【ワンピース963話内容と考察】赤鞘十人男勢揃い|赤鞘十人男?

以上の項目に沿ってご紹介させて頂いております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ワンピース963話内容と考察】赤鞘十人男勢揃い|威風堂々の赤鞘十人男

赤鞘九人男いや赤鞘十人男勢揃いについての考察〜おでん様自慢の侍達に花の都は驚愕の嵐!〜

ONE PIECE963話では、ついに赤鞘九人男…いや、十人男勢揃いの姿が描かれました!
 
病を発症した父スキヤキ様のお見舞いに家臣一同を引き連れて花の都に凱旋したおでん様…
 
そして主君を守る壁のように堂々と行進する立派な十人の侍の姿に花の都の民衆は息をするのも忘れるように驚愕するという展開!
 
今回は立派になった十人の侍について妄想たっぷりに色々と考察してみたいと思います!
 

威風堂々の赤鞘十人男

当時はまだ赤鞘とは呼ばれていなかったかも知れませんが、おでん様の十人の侍は本当に立派で、威風堂々という言葉がバッチリハマります!
 
借金を抱えるチンピラだった錦えもんを筆頭に、その弟分で孤児だった傳ジロー、落ちぶれた舞踊家の子であるイゾウ・菊之丞兄弟、妖怪だったカン十郎、失恋から引き篭もりになった天才忍者雷ぞう、無法地帯の支配者だったアシュラ童子、異形という理由で迫害され命まで奪われかけた魚人の河松、ミンク族のイヌアラシとネコマムシ!
 
恩人であり惚れ込んだ主君おでん様の役に立つべく、康イエの援助もあって、勉学を積み、武を磨き、本当に立派な侍になりました!
 
また、六年前に退治下山の神を乗り物として花の都に凱旋したおでん様の男ぶりにも痺れてしまいますな!
 
ここで一句。
 
九里の猛者
威風堂々
桜花舞う
 
九里の猛者達の立派で堂々とした雰囲気に桜の花も魅了されて舞いを舞って迎えているよと言いたい俳句です(笑)
 
バックの花びらが桜に見えるので。
 
お粗末!(笑)
 
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする