【ONEPIECE960話考察】ヒョウ五郎親分と光月おでん、錦えもんとの関係|ワノ国の柱

Pocket

【ONEPIECE960話考察】ヒョウ五郎親分と光月おでん、錦えもんとの関係|39年前の親分

【ONEPIECE960話考察】ヒョウ五郎親分と光月おでん、錦えもんとの関係についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、ワンピース960話で登場した若かりし頃の花のヒョウ五郎親分とおでん様や錦えもんとの関係についての考察を、

  • 【ONEPIECE960話考察】ヒョウ五郎親分と光月おでん、錦えもんとの関係|花の都の裏社会と侠客
  • 【ONEPIECE960話考察】ヒョウ五郎親分と光月おでん、錦えもんとの関係|光月家、錦えもんとの関係
  • 【ONEPIECE960話考察】ヒョウ五郎親分と光月おでん、錦えもんとの関係|何故、縮んだのか?

以上の項目に沿ってご紹介させて頂いております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ONEPIECE960話考察】ヒョウ五郎親分と光月おでん、錦えもんとの関係|花の都の裏社会と侠客

ヒョウ五郎親分と光月おでん、錦えもんとの関係についての考察〜ワノ国の柱、花のヒョウ五郎!〜

ONE PIECE 960話では、39年前のヒョウ五郎親分が登場します!
 
花の都の裏社会を取り仕切るヒョウ五郎親分は、当時まだ侍ではなかった錦えもんと交流があったようです。
 
今回は、39年前のヒョウ五郎親分についてと、現在とは全く違う外見についても妄想たっぷりに考察してみたいと思います!
 

花の都の裏社会と侠客

39年前のワノ国は命溢れる美しい国だったようです。
 
おそらく民度の高い平和な社会であったはず。
 
しかし、どのような世界にも裏というものは存在するものです。
 
39年前のワノ国にも身分制度は存在したかと思うのですが、そうした社会には権力を傘にして暴利をむさぼる輩がが必ず存在するはず。
 
金があるところに悪党アリで、身分の高い侍と悪徳商人やらが結びついて一般市民を不幸にする図式は時代劇では定番と言えましょう。
 
しかし、そのような輩を毒だとすると、毒を持って毒を制す…
 
海賊が海賊を制する七武海のように、悪党を制する悪党が存在し、それがワノ国の侠客達だったんじゃないでしょうか?
 
ヒョウ五郎親分は光月おでん様をはじめ赤鞘メンバー達から慕われ、民衆からも慕われていたところを見るに、闇で悪事を働く輩を制し、睨みを利かせて悪事を抑制していたのでは?
 
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする