【ワンピース958話考察】火祭りと黄金神楽はワノ国の過去を語る?|黄金郷シャンドラとの関連

Pocket

【ワンピース958話考察】火祭りと黄金神楽はワノ国の過去を語る?|火祭りと空船

【ワンピース958話考察】火祭りと黄金神楽はワノ国の過去を語る?についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、ワンピース958話でついに始まったワノ国の火祭りについての考察を、

  • 【ワンピース958話考察】火祭りと黄金神楽はワノ国の過去を語る?|火祭りと空船
  • 【ワンピース958話考察】火祭りと黄金神楽はワノ国の過去を語る?|黄金神楽の意味
  • 【ワンピース958話考察】火祭りと黄金神楽はワノ国の過去を語る?|ワノ国とシャンドラ

以上の項目に沿ってご紹介させて頂いております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ワンピース958話考察】火祭りと黄金神楽はワノ国の過去を語る?|火祭りと空船

火祭りと黄金神楽はワノ国の過去を語る?~黄金郷シャンドラとの関連はあるのか?

958話、ついに始まったワノ国の『火祭り』!
 
国を挙げての大祭らしいですが、そのメインとなるのがアプーが口にしていた『黄金神楽』であるようです。
 
今回は火祭り、黄金神楽、そして空島編で登場した黄金郷シャンドラとの関連を妄想たっぷりに考察してみます!
 

火祭りと空船

火祭りという祭は日本にも存在し、また世界的にも珍しいものではありません。
 
火というものは人間の生活に欠かせなず、また豊かさを与えてくれますが、使い方を間違えると恐ろしい破壊の力に変化します。
 
故に、火は古来より神聖視されてきました。
 
火祭りは大体として火が映える夜にクライマックスを迎えるものですが、夜の闇を照らす火、炎というものは人間の精神を高揚させるもので、それはしばしば人間を神懸かりのような状態にする事もあります。
 
ワノ国の火祭りも、おそらく夜にクライマックスを迎えるはずで、先に登場した『空船』というものも、おそらく夜に空に向かって放たれるのではないでしょうか?
 
別記事にも書いていますが、空船は灯籠流しのような風習であり、死者に対する慰霊やメッセージを送る意味があるのではないかと思われます。
 
また、その死者の霊が空に存在するという考え方は、甲塚的にはワノ国と空島の関係があると言う事ではないかと感じられてしまいます。
 
もし、ワノ国が天から降りてきた人々が築いた国であるなんて伝説があったりするなら、死後、魂は故郷に帰るという考え方により、死者に対する思いを表すという意味で空船という風習が始まったとも考えられますな。