【ワンピース958話以降考察】元七武海の懸賞金は?|最高額はバギーか?

Pocket

【ワンピース958話以降考察】元七武海の懸賞金は?|1番捕まりそうなのもバギーですが・・・


【ワンピース958話以降考察】元七武海の懸賞金は?についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事ではワンピース957話で七武海制度が撤廃され、再び懸賞金が賭けられる事となった元七武海の4名について、果たして復活した懸賞金は如何ほどつくのかという考察を、

  • 【ワンピース958話以降考察】元七武海の懸賞金は?|組織力、経歴、人脈からバギーが最高額?
  • 【ワンピース958話以降考察】元七武海の懸賞金は?|個人の強さはナンバー1も悪行を重ねた経歴もなく・・・
  • 【ワンピース958話以降考察】元七武海の懸賞金は?|組織力はあるが悪行はしないハンコック

以上の項目に沿ってご紹介させて頂いております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ワンピース958話以降考察】元七武海の懸賞金は?|組織力、経歴、人脈からバギーが最高額?

バギーズデリバリー社長 バギー

甲塚はこの度、七武海制度の撤廃に伴い、再び懸賞金首となった七武海の面々の中で、1番高い懸賞金額がつくのはバギーであるのではないかと思います。

ちなみに過去、七武海を辞めた事により再び懸賞金首となった海賊はトラファルガー・ローに5億ベリー。

そしてジンベエに4億ベリーとだいたい七武海脱退をした海賊には4~5億ベリーの懸賞金がかけられていますが七武海脱退の後、四皇と呼ばれるまでになった危険度の高い黒ひげは22億4760万ベリーと破格の懸賞金が賭けられています。

黒ひげに至っては元々の懸賞金額が0であるのにもかかわらずこの額と言うことは純粋に、七武海脱退後の危険度のみで判断されていると思われますので、元の懸賞金が低いバギーですが、甲塚はバギーの持つ組織力、インペルダウンレベル5の囚人たちを率いていて、シャンクスとも繋がりがあるように思われていて、ロジャー海賊団のクルーであった事が判明しているバギーにはおそらく今回の元七武海の中では最高額、10億以上の懸賞金が賭けられてもおかしくはないのかな?と予想しています。

とにかくバギーは頂上戦争で望んでもいないのに目立ち過ぎてしまいましたね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする